中国一覧

【米大統領選】ジョージア州の開票作業の中継で中国企業「SFエクスプレス」の箱が偶然映し出されてしまう

アメリカ大統領選で、バイデン氏の勝利が報道されるなか、米メディアの生放送で中国の「SFエクスプレス」のメールパッケージから投票用紙の封書が取り出されている場面が映し出された。同メディアは実際に中国から米国に発送されたものであることを確認したと報じた。 SFエクスプ...

記事を読む

【中国】小学一年生の日本語お習字が「民国清代老字画浮世絵」と化し、売りに出されてしまう

「日本書道2533 民国清代老字画浮世絵 日本春茶室掛け軸」と題し、中国大手オンラインショップで売りに出されている作品が話題となっている。日本人から見れば、小学一年生が書初めで「はつゆめ」と書いた作品にしか見えないが、「中国清代の昔の字で書かれた浮世絵」と化し、58...

記事を読む

【速報】中国「2035年にはガソリン車全廃!」→ガソリン車の時代ついに終焉を迎える

中国「2035年には電気自動車とハイブリッド車のみ!」 中国政府は2035年には新車販売のすべてを環境対応車にする方向を明らかにした。50%を電気自動車(EV)、残りの50%をハイブリッド車(HV)にし、自動車産業の中国市場は大きく変化することが予想される。 ...

記事を読む

【速報】2カ月外出禁止の中国→出生者と離婚者が急増

中国では、2020年は出生者数と離婚者数が急増する年とささやかれている。 ―その理由は― 2カ月以上の外出制限を強いられ、引きこもり状態が続いたため妊娠女性が急増したことが出生者数の増加につながり、長期にわたり常に同居していたことから夫婦ゲンカが絶えず離婚者...

記事を読む

【中国】ついに野生動物取引「全面禁止」

今月24日、中国は野生動物の取引及び消費の全面的な禁止を宣言した。 今回の新型肺炎を引き起こしたとされている新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染の温床となる野生動物を食べる習慣の根絶を図る目的がある。 中国は2002年~2003年にSARS(重症急性呼吸...

記事を読む

テスラの時価総額が業界トップのトヨタに迫る「中国がなければ今日のテスラはなかった」

2020年1月7日、中国版テスラのオーナー向けイベントでイーロン・マスク氏はダンスを披露し、「中国がなければ、今日のテスラはなかった。」と語り、中国にEVの研究開発所を設けると発表し、カーデザイナーを募集し、「中国風テスラ」の生産計画も明らかにした。 発表イベントでダ...

記事を読む

【フードデリバリー】一カ月驚異の1300回配達する強者、月収○万!

中国でフードデリバリーサービスが発達しているのは以前の記事「中国で快進撃を続けるフードデリバリー会社、今後の行方は」で述べたとおりだが、一カ月で1300回、つまり1日平均43回以上配達をしている強者がいた。 近年中国では生活水準が上がり、生活リズムも早くなってきて...

記事を読む

【悲報】新型コロナ、治っても再感染することが判明

中国で新型コロナウイルスの感染が確認され、その後完治し退院した患者が再感染したことが明らかになった。 中国・四川省で新型コロナウイルスに感染し、治療を受けたのち完治したとして帰宅した患者が、帰宅後10日で再び感染した。患者は2月10日に退院してから10日間自宅隔離...

記事を読む

中国 WSJの記者をレイシストと言及

中国は中国へ対する人種差別とも取れる記事について言及したウォールストリートジャーナル(以下WSJ)の記者3名を5日以内に出国することを命じた。 国外追放は中国が行った海外メディアに対する政策でも特に激しいもので、米国政府の対抗処置として中国メディアの米国内での活動...

記事を読む

中国で快進撃を続けるフードデリバリー会社、今後の行方は

中国では世界トップレベルでフードデリバリーのサービスが発展しており、毎日多くの人がスマホのアプリを用い料理を注文する。 中国のフードデリバリーで多く用いられているのが「美団」、「餓了么」というアプリケーションシステム。いわば「Uber Eats」の中国版である。 ...

記事を読む

【速報】中国山東省、1日で感染者202人増→内訳:監獄の受刑者200人

中国では最近になってコロナウイルス感染者数が減少していた傾向にあるが、昨日山東省で一日で202人の感染者が増加した。そのうち200人は山東省内の「任城刑務所」の受刑者だったことを山東省政府が発表した。 外との接触があるものがひとたび菌を持ち込めば、密閉空間の獄中で...

記事を読む

【なぜ】アリペイ、WeChatペイを禁止にする東南アジア

近年日本でも見かけるようになってきた、アリペイとWeChatペイ、中国人を中心に利用客は多く、世界各地で使われるようになってきた。 しかし、ミャンマー、ベトナム、ネパールの三か国はすでにアリペイとWeChatペイを使用禁止にしている。中国人観光客も多いこれらの国が...

記事を読む

【中国】ウイルスで外出できなかった期間一番売れた物ランキング

コロナウイルスの影響で外出制限がかかり一日のほとんどを家で過ごすことになっている中国在住の人々。そんな彼らがこの期間ネットショップを通じてどの商品を多く購入したのかが中国ネット通販大手「拼多多」の調査により明らかになった。 1位 バリカン 【検索数は前年同期比の4...

記事を読む

すでに実用化 中国の無人配達ロボット

2月14日、上海の隣の都市、蘇州で中国の家電量販店大手「蘇寧」が運営する無人配達ロボットが走行を開始した。 コロナウイルスの影響で、現在買い物に出かける人は大変少なく、ほとんどの人が出歩かなくてもいいようにオンラインで注文している。この無人配達ロボットを利用すれば...

記事を読む

新たなビジネスチャンス?『北京オンライン動物園』

現在の中国では感染症拡散防止のために「オンライン出勤」「オンライン授業」などが実施されているが、今回は「オンライン動物園」が誕生した。 コロナウイルスの影響で1月24日から閉園している北京動物園が、自宅でもかわいい動物たちの姿を鑑賞できるようにと2月6日オンライン...

記事を読む

中国 4日間で切符キャンセル1.15億枚に

中国国鉄グループ副社長の李文新は、2月11日からの4日間の切符払い戻し合計が1.15億枚に上ったことを明らかにした。なお、鉄道の旅客数は大幅に減少し4日とも100万人を下回った。 コロナウイルスによる影響で、旧正月明けの出勤開始日の延期や新学期開始の延期などが理由...

記事を読む

【特集】中国人のオリジナルマスク

新型コロナウイルスの影響で中国各地のマスクが供給不足となっている中、中国市民たちは各自それぞれの方法でオリジナルのマスクを作っている。今回はネットで話題となっているオリジナルマスクをいくつかご紹介。 まずはこちら。グレープフルーツなどの果物の皮をマスクの代わりにしています...

記事を読む

【速報】新型コロナウイルス15秒で感染の可能性

新型コロナウイルスに関して、人との接触により約15秒で感染する可能性が調査で明らかになった。 2月3日に新型コロナウイルスの陽性結果が出た61歳の女性と、2月4日に陽性結果が出た56歳の男性について、公安部門が街中の監視カメラなどを用いて二人の感染ルートを特定したところ、...

記事を読む

中国 「ウイルス感染最高で死刑に」

現在深刻な問題となっているコロナウイルスによる新型肺炎。そんな中、中国でウイルス感染を拡大させた疑いのある者の処罰に関する議論が話題となっている。 2月上旬武漢を出た男が、自身が新型肺炎を患ったことを隠し、「私はフィリピンから帰国した。」と偽り、福建省晋江市に帰っ...

記事を読む