与沢翼、ネットの誹謗中傷を語る「現実世界と好きな人を優先して」

現在ドバイで家族と住んでいる与沢翼さんは投資家や実業家の顔もありますが、自身のユーチューブチャンネルで動画を上げたり放送をしています。生放送中に視聴者から昨今話題のネットでの誹謗中傷に関する質問がなされて、与沢翼さんは持論を展開して回答しました。

SNS やめたりとか距離を置くっていうのは本当に大事」「自分たちの現実世界と好きな人たちだけに興味を持ってください」とネットでの誹謗中傷を気にしないために現実世界を優先させてSNSから距離を置くことが大切と語っていました。

「SNSやめたりとか距離を置くっていうのは本当に大事」

「最近偏見的なネット誹謗中傷や個人に対するダメージが気になります。ネットだけじゃなくて普段の生活でもバイアスがかかったものの見方や集団意識に不安で振り回されそうになります。すっきり気持ちよく生活したいです。どうしたらそのように強く生きていけるのでしょうか」

「確かにそうなんですよ。これはね今の現代社会の害悪!SNS とかで感情移入しすぎたりとか傷ついたりとか振り回されたりする人とかは、SNSやめたりとか距離を置くっていうのは本当に大事。スマホ中毒っていう言葉がありますけど、どうでもいいくだらないことを何度も何度も見ちゃうのと一緒。値動きとかも定期チェックはもちろん大事だよ。だけど過度に見すぎて オンオフを切り替えられなくなると もう病気なんですよ」

「どんな良薬も劇薬、毒薬に変化するのと一緒であまりにも他人と比較をしてしまう。自分がより有利だとか、あそこは楽しそうにしてるなあとか、自分は劣ってるとかね。繊細な人はそういう風になりやすい鈍感な人ってならないんですよ。昔の私とかまじで厚顔無恥で凄いですよ。何にも感じてませんでしたからそういう人はSNSに向いてるんですよ。私はですね、繊細になってきちゃいましたね」

「だからあんまり今はSNSは向かないですね。だから伸びないんです。私のSNSはしょうがないねそれは。だから私はゆりな緩やかにですよ。SNSから距離をとって行かなきゃいけないってことは、ずっとみんなにも言ってると思うんですよ。どうでもいいかなみたいな。優先順位としてそんなにSNSを1位に持ってくる必要は、自分はもうないと思ってます

優先順位は絶対にはき違えないようにしようと思って

「人によるんじゃないかな。これは立ち位置だったりとか、あくまで時間が余ってる時に投稿すれば良いし。それより大事なことはもっとある。現実世界で家族とかもそうだし、友達とかもそうだしね。あとメンバーシップとかもそうですね。その優先順位は絶対にはき違えないようにしようと思ってて」 

「その付き合い方を明確にルール化するっていうこと。でもねこれ例えばですよ。前から何度も言ってるんですけど、孫正義社長でも言われてますから。あれでも詐欺師って言われたりとか風呂の柳井さんもフェイクを流されてあいつは何とかだとか、とんでもね嘘とかが拡散されていたり。日本トップになってもそう言われるんで、悪口や偏見や思い込みやそういうのは一生消えません」 

「簡単な話。人間界に生きてる人間は全員が誹謗中傷を受ける。それから誤解をされる。それから叩かれたりする可能性もある。全員無縁じゃないです。出過ぎた杭は打たれないって言いますけど、ありますけど出過ぎてもずっと叩かれます。ですから切っても切れないんですよ。つまり諦めるしかないです。 もう私の中ではそう達観してます。諦め全員を説得する必要ないしそこ認識を使う必要は全くない。自分たちの現実世界と好きな人たちだけに興味を持ってください

みんなの声

タイトルとURLをコピーしました