中国VTuber事務所「A-SOUL」4億6000万円を稼ぐも配信者には13万円しか渡していなかったと発覚

A-SOULとは2020年11月に活動を開始し、2000万人超のファンを抱えるまでに成長したVtuber事務所であるが、その待遇などが明るみに出て社会問題となっています。

売上は4億6000万円も(投げ銭だけで)

A-SOULの売上は約4億6000万円(2400万元)と言われており、これは会社全体での投げ銭の売上なので決して個人で稼いだものではないがその中のメンバーが手取り13万円しか会社からもらっていなかったことが発覚し中国国内では炎上する自体に発展しています

休眠が発表されると、演者が自身の個人アカウントにて仕事に対する愚痴や待遇に対する不満などを赤裸々に綴り、現在の待遇を顕にしたところ怒ったファンが「A-SOULのグッズや製品は買わない」等不満を見せています

中のメンバーが内部の状況をリークする自体に

現在は休眠しているエーソウルであるが、こちらも中国の有名 vtuber が内部の実情を自身の個人アカウント SNS で語った。

いくら売上を上げても給料変わらず、また必要なパワハラも受けたと証言これに対しファンの怒りはますます高まっているようです。

これに対し事務所サイドはライブ配信中の売上に対し1%の歩合給を付けると発表したが、配信者たちの生活レベルが急激に上がるわけではない、具体的な解決には至ってない模様です。

ネット上では

ネット上では彼らのファン達がこれ私である不買運動を実施するといった声や活動が見られますが、一方では「今回はたまたまうまくいっていたが、もし会社が借金を負った時彼らは払わないから当然だろ」 「有名アイドルも似たようなもの」と批判の声も散見されました。

こちらはファンかそうでないか、また年齢によっても考え方が変わるようです。

みんなの声

タイトルとURLをコピーしました