知床観光船の沈没事故、社長がこん身の土下座謝罪会見「お騒がせしまして、申し訳ございません」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

運航会社社長の記者会見始まる

 北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗っていた観光船が浸水した事故で、27日午後4時47分、運航会社の社長の記者会見が始まった。

説明会「謝罪しても謝罪のしようがなかった」

 経緯説明が終了。質疑応答が始まる。

Q 家族への説明会、どのようなことを話したか。家族の反応についてどう感じたか。

社長 「私としては、正直なところ、謝罪をするしかない。内容としては、大切な家族を失ったわけでありますので、捜索中の方もいらっしゃいます、見つかった方もいらっしゃいます、謝罪しても謝罪のしようがなかった」「私ができるかぎりのことをやってあげたい、それしかできることはないと思った 」

Q 家族からの反応は?

社長 (沈黙後)「やはり、ま、やり場のない感情も含め、私としては精一杯それを受け止めるだけの会見になってしまった」

Q 公の場に姿を表すまで、なぜこんなに時間がかかったのか。

社長 「まずは被害者家族の対応と救助活動を第一に考え、また海保や国交省の原因究明に協力すること。ご家族に誠心誠意尽くすことと思っていましたが、私1人の力ではうまく対応できなかった。申し訳ありません 」

====================

「大変申し訳ない」 冒頭に二度土下座

 桂田精一社長が冒頭発言。

 「この度はお騒がせしまして、大変申し訳ございませんでした」

 「この度は当社の船舶のクルーズの中で大変な事故、亡くなられた被害者の方、捜索中の被害者に大変申し訳ありません。大変なご負担を掛けております、申し訳ございませんでした。捜索中の被害者の方が1日も早く見つかることを願っています。当社としてこの度は大変申し訳ございませんでした」

 桂田社長が着席し、事故までの経緯説明。

続きを読む

謝罪会見

🔔LIVE 口つぐんできた社長 まもなく初の会見…何を語る? "知床観光船"事故【緊急特番】

ツイッタラーの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加