追突事故の加害者、ツイッタラーの新車にぶつけるも替え玉をして無免許運転を隠ぺいしていた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

信号待ちで追突された交通事故で、相手は追突後に替え玉をしている姿をドライブレコーダーに記録されていた事が判明して、とあるツイッタラーが告発した。

被害者の車に運転手がぶつけたところ、交通事故を起こした女性の運転手が助手席に座っていた男性と席を交代した。

一部始終

「こっちは追突の衝撃で後ろを見るどころでなく運転手が替え玉してるの気づかなかった」という様に、ツイッタラーは当初この替え玉が起きた事には気づかなかった。後になってドライブレコーダーを確認して、運転手らの替え玉が発覚した。

「替え玉してそのまま警察と保険会社に申告したらしい」と加害者の運転手らは替え玉をした事を隠していた。

その理由は、運転手の女性が無免許運転だったとのこと。「後日この追突の犯人は無免許という事が判明した」 とある様に、無免許運転を隠ぺいした悪質なケースだった。

事故後の車の様子

ツイッタラーいわく、新車を納車して5日後の出来事だったとのことで、心身ともに傷を負ってしまった。「無免許なのにデカいミニバンを運転する、運転させる神経が理解できない。相手には厳罰を望む」とツイッタラーは事故を起こした相手に怒りを覚えている。

ツイッタラーの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加