【悲報】転売ヤー、ディズニーランドで人形の赤ちゃんを連れて人気商品を買い漁る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

昨今何かと話題になっている転売ヤーは、ついに夢の国の東京ディズニーランドまで進出してしまった。ベビーカーを引いて店内で物色する転売ヤーは、人形の赤ちゃんをベビーカーに置いてさもホンモノの赤ちゃんを連れているように装っていたことがツイッタラーの間で話題になった。

ディズニーランドは赤ちゃんの入場料が無料になっており、園内のショップで販売される目玉商品はお一人様一点に限られる場合があるため、転売ヤーらがフェイクの赤ちゃんを園内に連れていくことで赤ちゃん分の商品も購入しようと画策している。

「転売屋のフェイク赤ちゃん。こんなんまでして買うとかキチガイすぎる」とツイッタラーがツイートしており、ディズニーランド園内の店頭で人形の赤ちゃんを連れて来店している転売ヤーの姿を激写した。

「徹夜組でベビーカーあるって見たのこれか?さすがに赤ちゃん連れて徹夜は親としてやばいと思ったけどまさかの人形笑」とツイッタラーがリプライしている。

ディズニーランドやシーへ深夜にベビーカーを引いて来園する親子連れがいると噂されていたとのこと。ところが、実は人形の赤ちゃんを連れて来ていたことに驚きを隠せていない。

ツイート主のツイッタラー曰く、「顔までブランケットでキャストが声掛けしたら人形でてきた…www」とのこと。

人形の赤ちゃんとバレないように、顔までブランケットをかけていたことを園内のキャストが不自然に感じて、人形の赤ちゃんを連れていることが発覚した。

ツイッタラーの報告

転売ヤーは、定価で売られている商品を仕入れて、人気商品が品薄になった時に定価より高く販売して、利益を得る。個人で行動して店頭へ買いに行くケースや組織化されて団体で計画を立てて、転売ヤーが人気商品を買い占めていたりする。

近年、転売ヤーの商品を買い漁る手法は考え尽くされて巧妙化しており、今回のようなディズニーランド園内での人形の赤ちゃんを用いた購入方法が実行された。

ツイッタラーの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加