高須院長「オミクロン株はすでに弱毒化しています。生活と経済にブレーキをかける都のまん防は百害あって一利なし」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

コロナウイルスのオミクロン株が猛威を振るう全国各地では、感染者数が増加傾向にあって病床もひっぱくしている。そんな中、中高須院長のオミクロン株が弱体化していることを訴えかけるツイートが話題になっている。

ツイートの内容は、「オミクロン株はすでに弱毒化しています。まもなくピークアウトして終息します。 回復基調にある生活と経済にブレーキをかける蔓防は百害あって一利なしだと思います。」とオミクロン株に感染しても重症化リスクは低く、回復傾向にあった日本の生活と経済の伸びを急に止めることは百害あって一利なしと警鐘を鳴らした。

都のまん延防止策を痛烈に批判する高須院長の持論は議論の余地があるものの、都に物申すツイートは目を光らせる内容だった。

ツイッタラーの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加