マイメロディのバレンタインチョコレート、「女の敵は女」という標語にフェミニストがブチ切れる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

女性もメインターゲットとして考案される商品や企画を果敢に打ち出している株式会社サンリオは、ハローキティやマイメロディなどの数々の女子ウケの高いキャラクターを世に生み出してきた。

しかし、女性支持者の多いサンリオの女性役員比率の少なさと合わせて、1月18日に発売されるマイメロディコラボのバレンタインチョコレートの広告に表記されている「女の敵は女」や「男ってプライドを傷つけられるのが一番傷つくのよ」という標語が、ネット上で話題になり物議を呼んでいる。

フェミニストの勝部元気さんが投稿したツイートによれば、サンリオの女性役員比率は法定の役員12人中1人(8%)、執行役員23人中4人(17% )。サンリオトップの上層部の男女比率が、圧倒的な数の男性によって占められていると物申している。

そして、マイメロディコラボのバレンタインのチョコレートの広告では「女の敵は女」という言葉があり、女性同士の恋のライバルを煽るような言葉が表記されている。このことは、一部のフェミニスト女性から反感を買ってしまった。

また、「男ってプライドを傷つけられるのが一番傷つくのよ」という標語は、一体誰に向けて考案されたのかと疑問が投げかけられた。

ネット上では、「マイメロディの中身がオヂサンということがわかってしまって悲しい」、「企画段階で誰も気づかなかったんだろうか。マーケティングが甘すぎ」の意見が見受けられた。

このことは、ツイッタラーの間で、女性支持者の多いサンリオの上層部にオヂサンが多いデータを知って落胆したり、「女の敵は女」や「男ってプライドを傷つけられるのが一番傷つくのよ」という標語で女性を煽って対象が誰なのかわからないという怒りや疑問の声を端的に表していて物議を呼んでいる。

問題となった標語

落胆の声

サンリオ上層部事情

ツイッタラーの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マイメロディのバレンタインチョコレート、「女の敵は女」という標語にフェミニストがブチ切れる』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2022/01/14(金) 07:02:52 ID:89d96c9f8 返信

    フェミらしい