「住むところも食べ物も仕事もない…」どんな女性もなるかもしれない“生活困窮”の実態

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

長引くコロナ禍の影響で生活に困窮する女性が増えている。中には寒空の下、住むところや食べ物にも困るケースもある。彼女たちはどのような理由で生活困窮者になってしまったのだろうか。労働組合、市民団体、弁護会などの女性有志によって2021年12月25日、26日に新宿の大久保公園で「女性による女性のための相談会」が開催された。

女性による女性のための相談会実行委員会によれば、2日間で相談に訪れた女性は10歳代から80歳代までのべ169件にのぼった。相談は人それぞれケースが違い、原因も複合的だということだが、生活困窮に陥ってしまったきっかけと、そこから抜け出すことが困難な実例について、実行委員の松元千枝氏にお話を伺った。

誰にとっても生活困窮のきっかけになりうる就労の問題
ーー生活困窮に陥るきっかけとして、就労の問題があると聞きましたがどのような相談がありましたか?

松元氏:そもそも女性には、パートやアルバイト、派遣などの非正規雇用が多いため、もともと数カ月という短期雇用の仕事をコロナ切りされて、やむを得ず日雇いの仕事で食いつないでいたという例が複数あります。

今回は、さらにフリーランスや個人事業主のための緊急支援金が打ち切られるので、先の生活が不安という女性や、海外からの観光客を対象として事業を行っていたが、コロナが長引く中で生活に窮したという女性もいました。いずれにしろ、コロナ禍が長引く中で収入源が断たれたままの人が多いように思います。

法律、医療などの専門家や生活上の悩みについて女性相談員が相談に乗った

情報の入手や受給申請が簡単ではない!制度の問題
ーー生活困窮者向けに様々な行政の支援制度がありますが、どう利用されているのでしょうか。

松元氏:制度について知らない人が多い一方で、知っていても申請を断念してしまうケースもあります。行政用語がわかりにくかったり、当事者目線で制度設計がされていないことが原因だと考えられます。利用していても制度を使い切れていない例も多数あります。

例えば、「住宅確保給付金」を申請する際には大家の印鑑が必要です。しかしこれを申請すれば大家に失業中だと知られると同時に支払い能力がないと思われて、契約が更新されないかもしれないと不安を抱えている人がいました。こうした理由から、申請をためらってしまうようです。

また、10万円の生活支援を受けながら職業訓練を受講する休職者支援制度について、正社員を1年以上続けないと受給できないと誤解していた方がいたので、相談員が正しい情報を伝えました。

個人事業主の女性は、売り上げが半減以上した事業支援策として月上限10万円が支給される月次支援金が10月で終了したため、ギリギリの生活を強いられていました。それ以降の支援策が提示されず売り上げが伸び悩む中で、利用できる制度について知りたいと相談に来ました。子育て世帯だけではなく、住民税非課税世帯にも臨時特別給付金10万円が支給されることも知らない方が多かったです。

続きを読む

5ch民の声

俺んちくるか?

年齢と見た目も見るの当たり前すぎて書かなかったwいくらいい仕事についてて高収入でも適齢期すぎまくったアラフォー以降は需要ないし

でもおっさんと住む気はないと(´・ω・`)

その貧乏さんってどこに行けば会えるん?20代の子なら1人ぐらい面倒見れるよグフフ

フェミニストの目指す男女平等社会だろ

楽な仕事ばっかりやってきた癖にあまえるなよ

女に限定する話じゃなくね。男でも普通に困窮してる奴は同じかそれ以上いる

美人ならどんな時代も困らないんだなこれが

実家に帰ってコンビニか郵便局でバイトしろ

女は体を売ればいいんだからカネには困らないだろ。

嘘だよw嘘wwwパパ活マン活してるくせにwww

女性だけ取り上げるのは性差別になるから、気をつけましょう

住むとこないって、実家もないのか?

非正規も将来は確実に詰む。女性に限らない

女だったら最悪結婚すりゃ男に養ってもらえるし、男より選択肢多いと思うんだが違うの?そもそも陥る可能性ってなんだよ既に陥ってるのは男のが多いだろ

総じてマンさんはナマケモノ

アラフィフのハゲ男が言ってたら笑うけどね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加