「弊社100%の責任」HPE、京都大学スパコンの77テラバイト分のデータをふっ飛ばしてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

PCメーカーのHPは京都大学のスーパーコンピューターのデータを77テラバイト分ふっ飛ばして消してしまった。文面によると、弊社100%の責任によりと明記されるほどHP側の書いたプログラムのミスの不手際による大事故ということがわかる。49テラバイト分のデータがバックアップされて残っているものの、残りの28テラバイト分のデータは消えてしまったためHPの企業の信頼を問う大問題であり、京都大学はたまったもんじゃないだろうか。

みんなの声

https://twitter.com/mghplus/status/1476010429747200003

訂正とお詫び

PC事業・スマホ事業を行う日本HP社とエンタープライズ事業を行う日本ヒューレット・パッカード社(HPE)であって、HPとHPEは完全なる別会社であるのにかかわらず、PCメーカーのHPと表記してしまったことで誤解を招いてしまい深くお詫び申し上げさせていただきます。

『「弊社100%の責任」HPE、京都大学スパコンの77テラバイト分のデータをふっ飛ばしてしまう』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2021/12/29(水) 21:49:24 ID:2d346ef54 返信

    日本HPと日本ヒューレット・パッカード(略称HPE)は資本関係のない完全な別会社です。記事の訂正と謝罪をお願いします。