「逮捕は時間の問題か」世田谷一家殺害の事件前日に同型包丁を購入した男が特定される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

【独自】世田谷一家殺害21年 同型包丁購入者を特定

21年前、東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件で、凶器と同じ種類の包丁を事件前日に購入し、イラストが公開されていた男性について、警視庁が最新の画像解析技術で特定していたことが分かりました。
ただ、現場に残された犯人のDNA型とは一致しなかったということです。

2000年12月30日、世田谷区の住宅で、宮沢みきおさん一家4人が殺害されました。

今月末で21年経ちますが、事件は未解決です。

現場の住宅には、凶器として使われた刃渡り21センチの「関孫六銀寿」という柳刃包丁が残されていました。

警視庁は、包丁を購入した男性について、防犯カメラの画像を元にイラストを作って2004年に公開し、情報提供を求めてきました。

捜査関係者への取材で、最新の解析技術で防犯カメラの画像を鮮明化することに成功し、今年に入り、この男性を特定したことが分かりました。

警視庁は、今後も最先端の解析技術を駆使して、容疑者を特定する作業の洗い直しを進めるとしています。

続きを読む

みんなの声

事件と関係ないのに、包丁買っただけで晒されて特定までされたヤツがいたってこと?

これ20年前に包丁の購入を特定されたらDNA鑑定捏造されて犯人にされそうだなw

皆殺しにしてアイス食って帰ったんだろ

今更かよ何年経ってんだよ

でも逮捕されないんだろ?

たまたま同型の包丁を、事件前日に購入した男というだけで、イラスト公開され、取り調べを受け、DNA鑑定までされるとか。不憫すぎる。

猟奇事件は星の数ほどあるのに、この事件だけは異例の待遇

20年前に包丁買っただけやん

焼き肉屋でバイトしてたやつが怪しいけど今どこにいるかわからんのだろ。事件発生後に手をケガしてた情報もあるし

当時48歳でも70歳やんw

がんばれ警察

小出しすぎ

そんな高級でもないし珍しい包丁でもないじゃん

次の情報は来年の末か

DNAで人種は特定出来ないのか

じゃあ捕まえろや…







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加