「笑ったら逮捕」北朝鮮、絶対に笑ってはいけない金正日十周忌264時を始める

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

北朝鮮人は、金正日の死後10周年を記念して、11日間、歓談、飲酒や余暇を楽しむのを禁じられた。

制限には、11日間の喪中の笑いとアルコールの明示的な禁止が含まれます。金正日の死の正確な記念日である12月17日、北朝鮮人は食料品の買い物に行くことさえ禁止される。

「喪中は、酒を飲んだり、笑ったり、余暇活動をしたりしてはならない」と、北東部の国境都市新義州出身の北朝鮮人はラジオ・フリー・アジア(RFA)に語った。

「喪に服して家族が亡くなったとしても、大声で泣くことは許されておらず、家族の葬儀はできません。喪に服していると、自分の誕生日を祝うことすらできません。」

1994年から2011年に心臓発作で69歳で亡くなるまで北朝鮮を統治していた金正日は、現在の最高指導者である金正恩の父。

彼の支配は、北朝鮮の歴史の中で最も暗い時期の1つであって、揶揄する表現の厄介な行進として知られている1990年代半ばの飢饉と一致した。 4年間で350万人もの人々が亡くなったと推定されている。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加