「もう疲れた。だめなお母さんでごめんね」ワンオペ育児ママの絶望、障害がある17歳息子を絞殺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

2020年7月、京都市左京区に住む無職の女性(54)が、重い障害がある長男=当時(17)=をマンションの自宅で絞殺する事件が起きた。女性はうつ病を抱え、殺害後に自殺を図っていた。「何かもう疲れてしまいました」。11月に京都地裁で始まった公判や関係者への取材からは、ワンオペで育児を続けた女性が息子の進路に悩む中、精神的に疲弊していき、SOSもうまく出せないまま絶望感を深めていった様子が浮かび上がった。(共同通信=武田惇志、木村遼太郎)

 ▽誤診した脳炎の後遺症

 裁判資料などによると、女性は03年6月、長男を出産した。夫婦関係や生活不安から精神的に落ち込み、強迫性障害とうつ病を発症する。05年には夫と離婚し、生活保護を受給するようになった。

 長男が2歳半のころ、けいれん発作が続くようになり、自発的に呼吸ができない危篤状態に陥った。入院先の医師の誤診で、ウイルス性脳炎の治療が5日ほど遅れたため、脳の7割を損傷。前頭葉と右側頭葉が萎縮し、重度の知的障害が残った。

京都地裁
 長男は言語によるコミュニケーションが困難だった。小学生になり、女性は息子が自分の名前を書けるよう、漢字3文字の名前をひらがなに改名した。ただでさえ1人での子育ては大変なのに、長男は「おなかがすいた」「のどがかわいた」という欲求や便意をうまく伝えられず、入浴も介助が必要。目を離した隙に車道に飛び出したり、家庭内で暴れて物を壊したりすることもあった。発達年齢は2~3歳とされた。

 女性には強迫性障害の持病もあった。掃除機を毎日かけたり、人が触れたところを一日に何度も消毒したりするなどの行動を繰り返すようになり、子育てと家事の負担が膨大になっていった。事件まで、こうした生活を15年以上続けていたことになる。階下には認知症が始まっていた母親が住んでおり、その介護も1人でしていた。

 強迫症状と抑うつ状態が悪化し、19年秋ごろには食欲不振で体重が12、3キロ減少。不眠症状や疲労感、意欲低下から横になって過ごすことが増えた。

続きを読む

みんなの声

こういう障害が出生前に分かるなら、嫁さんなんとか説得して絶対に堕ろしてもらうわ

うつの嫁に子供委ねるとか父親も無責任だな。どうなるか分かるだろうに。まぁ母親も譲らなかっただろうが

簡単に離婚するからだ。

おいおいナマポかよ。人の税金使っといて疲れましたじゃねえよ

この場合は引き取れたよ?だって母親は精神障害患ってるしそれが原因で離婚してんだからさ。面倒だから引き取りたくなかったが本音でしょ。男が子供を押しつけたからこんなことになったんだよ

生んだあとに障害者になったんだな。やりきれねぇな

母親の介護と障害児とか二人とも施設に入れてやれよ

殺す以外の選択肢山ほどあるよね。ただの人殺しだよ同情したらいけないよ

子どもを優先的に考えたら鬱の母親の元に残すとか無責任よな

うちも親の介護とパワー系知的の身内を父と面倒見てたけどマジで大変だった。あんなの一人でやれなんて絶対に無理

うちの近所に支援学校があって離婚した母子が数組アパートに住んでる。母ちゃんがみな老婆のように老けていて苦労してるのが伝わってくるわ

なんで施設に入れなかったのか謎だな

今は簡単に離婚するからな。辛抱が足らんわ

2歳児の知能で17歳のパワーとか最悪やろ。野に放つことがなかっただけ素晴らしい

障害持った子供を感情で判断してはだめだよ。親はそんなに強くない。子供の人生も考えるべき。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加