ひろゆき、新規入国の予約停止を巡るホリエモンのツイートを論破

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染拡大に対する水際対策を強化するとして、国土交通省は、12月末までの1か月間、日本に到着するすべての国際線で新たな予約を停止するよう航空会社に要請しました。
対象には海外にいる日本人も含まれていて、予約を取っていない日本人が事実上、帰国できなくなることについて国土交通省は「緊急避難的な予防措置だ」と説明しています。

政府は、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染が広がりを見せていることから、外国人の新規入国を原則停止したほか、一日当たりの入国者数の上限を3500人程度に引き下げるなど水際対策を強化しています。

国土交通省は、さらに対策を徹底するとして、航空各社に対し、12月末までの1か月間、日本に到着するすべての国際線の新たな予約を停止するよう要請しました。

日本を出発する便はこれまでどおり予約できますが、要請を受け、全日空と日本航空は、1日から到着便の予約の受付を取りやめる対応をとっています。

航空各社によりますと、海外に住む日本人が年末年始を国内で過ごすため、12月は到着便の予約が増えていたということです。

すでに完了している予約がキャンセルされることはないということですが、新規予約の停止要請の対象には海外にいる日本人も含まれていて、予約を取っていない日本人が事実上、帰国できなくなることについて国土交通省は「緊急避難的な予防措置だ」と説明しています。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加