「唯一の贅沢は月1度の銭湯」正社員の20代女性、手取り14万円で夢も希望もなくむせび泣く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

手取り14万円──。毎月の給与明細を見るたびに、関東地方で暮らす会社員の女性(20代)は嘆息する。

「夢も希望も持てないです」

 就活に失敗し、大学を卒業後は塾の講師やパン屋のアルバイトなどで生活費を稼いだ。当時の収入は手取りで25万円ほど。普通に暮らせたが、安定した仕事に就こうと2年前にインターネットで見つけたのが今の会社だった。社員20人程度の建築会社の事務職。給与が低いことはわかっていたが、賞与もあるというので決めた。

 雇用形態は「正社員」。だが、賞与は「スズメの涙」程度だった。年収は300万円いくかいかないか。

「バイトしていたときのほうがお金はありました」

■外食せず服も買わない

 一人暮らしの部屋の家賃は6万円。生活を切りつめても赤字だ。学生時代に借りていた奨学金の一部を貯金していたので、それを取り崩しながら暮らす。外食はせず、服も買わない。唯一の贅沢(ぜいたく)は月に1度、近くの銭湯に行くことだという。

「正社員なのに貧困って、おかしいですね」

 これまで「貧困」と言えば、非正規社員に多いとされていた。しかし、今や正社員にも貧困化が進んでいる。

 厚生労働省が毎年実施する「賃金構造基本統計調査」を元に、賃金に詳しい都留文科大学名誉教授の後藤道夫さんが、従業員10人以上の企業を対象に「最低賃金+α(プラスアルファ)」より下で働く正社員が2007年と20年でそれぞれ何%を占めるかを試算し、比較した。

 最低賃金の1.1倍未満で働く人の割合は07年の1.5%から20年は3.8%、同様に1.2倍未満は2.4%から6.9%に上昇した。1.3倍未満まで広げると4.1%から11.7%に増えた。

 また、中所得者層より上の収入の正社員も減っている。年収400万円以上の35~39歳の男性正社員の割合は、1997年の約8割から17年には6割にまで減ったという。

続きを読む

みんなの声

手取り14万円とか結婚できるの?

田舎だったら普通

参考にすべきは平均よりも中央値だからね

たまには贅沢したいぜ

期間工やったほうがよっぽどマシだろ

家賃が最大の金食い虫。実家寄生が正しい道

氷河期はもっと悲惨な目にあってんだぞ。甘えるな。

結婚して共働きすればいいのに、愚痴と言い訳ばかり

中国の方が幸せそう

無能の賃金が増えないのはしゃーない。有能になるよう努力しないのが悪い

でも田舎にとどまって高卒やってても手取り12万ボーナスなしだよ。しかも仕事が選べない

20代で就活に失敗・・・。安倍政権の売り手市場の時代に何をやっていたのかw

日本人の給与の半分は残業代でできているからなw

結婚しろよ。世帯収入増えるから

簡単で楽な。仕事を選んでるからだろ

不満なら、なんで転職か独立しないんだろ?

手取り14万で金が無い(ソシャゲ課金5万)。こうだろ

俺なんて唯一の贅沢は週に一度のお湯張って入浴剤だぞ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加