「騙したンだわ」 小室圭さん、司法試験の根拠のない自己採点を宮内庁に伝えて眞子さんとの結婚をゲット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

先ごろ新天地ニューヨークへと発った小室夫妻。その直前には小室圭さんの司法試験不合格という前途への不安を感じさせるニュースもあったが、実は西村泰彦宮内庁長官は事前に「手ごたえあり」との報告を受け、そのことで急速に結婚話が進んだという背景があったのだという。

 11月11日、西村長官は定例会見で、 〈(小室さんの不合格に)長官は個人的にはショックを受けたか〉  そう問われ、 〈週刊誌にはそう書かれていましたね〉  と、苦笑いしながらこう述べていた。 〈試験だから不合格というのもあり得るでしょう。次回チャレンジされるようだから頑張ってもらいたいと思います〉――。  宮内庁担当記者が言う。 「実際のところ、西村長官は呆気に取られています。実は7月末の試験が終わった後、西村さんは小室さん側から“手ごたえあり”との報告を受けていた。何でも、自己採点に基づく感触だったというのですが、これで西村さんはすっかり安堵し、“結婚話を進められそうだ”との見通しを官邸側にも伝えた。9月になって一部メディアが“年内結婚へ”“一時帰国”などと報じたこともあり、事態は急速に進展したのです」  それがあろうことか“根拠のない自己採点”のおかげで大崩れとなってしまったのだから、当てが外れた衝撃たるや計り知れない。  当の長官に尋ねると、 「話すことはありません」  と、辟易した様子。

「費用は年間で百数十万円」

 年収600万円ほどとみられる小室さんが月50万円以上とされる高級マンションの家賃を支払えば、生活費は1円も残らない。さらには、 「NYの日本総領事館ではすでに、眞子さんの“相談窓口”となる女性の担当職員を配置しています。これと並行し、NY市警には夫妻の情報を伝え、巡回など状況に応じたフォローを要請している。が、セキュリティに万全を期すのであれば、民間の警備会社などに頼らざるを得ません」(宮内庁関係者)

続きを読む

みんなの声

kkペテン師もいいところだな

K氏は人をたぶらかすのが上手いのでしょう。まんまと宮内庁もA宮家もK氏とM子にしてやられた、という感じですかね。

本当に試験受ける気ないでしょう。子供出来ても、税金で養うからね。

根拠のない自己採点だなんて。呆れ果てますが。本人は意外とつらっとしてますよね。あの自信に満ちた顔は何処からくるのでしょうか。

いやいや、国民はK氏とMさんとA家と宮内庁の全てに呆然としてますが?

最初から合格の見込みのない試験なのに、さっさと出国したい奥さんにお願いされて自己採点を伝えていたのでしょうか。なぜ合格もしてないのに結婚することを認めたのでしょうね。国民の不快感や不信感は増すばかりです。

「てごたえあり」と人に言えるのは、普通ほぼ合格の可能性の感覚。それが不合格ということは、相当な見当違い、つまり、判断できないくらい力がなかった、ことになりそう。

学年で1人しかもらえない奨学金を貰えるほど優秀な人が、新卒の約8割が合格する試験に落ちる。案の定次から次へと小室さん問題は長引きそうですね。

なぜその言葉を信じるのか?だから合否がわかるまで待てばよかったのに。たった数日待てばわかった話。小室は結果を待たず結婚でき、ラッキーと思っているだろう。宮内庁って本当になにやってんだか。

そんな自己申告を鵜呑みにして結婚を進める要因になったとは。浅はかすぎて、話にならない。だがそれを秋篠宮も何故信じることができたのか?不思議でならない。

金銭問題に然り、司法試験の合否に然り、結果ありきで動くべきだった。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加