「許せねーよ」 都立墨田工業高校の松崎浩史被告、生徒の内川起龍さんに水泳の授業で飛び込みを指示して怪我をさせた罪で罰金100万円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

5年前、都立高校の水泳の授業中に飛び込みを指示し、生徒に大けがをさせたとして、業務上過失傷害の罪に問われた教諭に対し、東京地方裁判所は「危険で不適切な指導を行い、教諭としての過失は相当に重い」として、罰金100万円の判決を言い渡しました。

平成28年、東京 江東区の都立高校で水泳の授業中に、高校3年生の男子生徒が大けがをした事故では、教諭の松崎浩史被告(49)がデッキブラシを越えてプールに飛び込むよう指示し、首のけい髄を損傷する大けがをさせたとして、業務上過失傷害の罪に問われました。

検察は去年、教諭を略式起訴しましたが、裁判所が略式での審理は相当ではないとして、正式な裁判を開くことになり、異例の経過をたどりました。

裁判で教諭は起訴された内容を認め、検察は罰金100万円を求刑した一方、被害者の男性は「罪に向き合ってほしい」として禁錮以上の実刑を望んでいました。

判決で東京地方裁判所の鏡味薫裁判官は「飛び込みの危険性を十分に認識していたにもかかわらず、デッキブラシを差し出す危険で不適切な指導を行い、教諭としての過失は相当に重い。被害者に回復の見込みのないけがを負わせた結果は重大だ」と指摘しました。

そして「停職6か月の処分など社会的制裁を受けている」などとして、教諭に求刑どおり罰金100万円を言い渡しました。

この事故のあと、東京都教育委員会はすべての都立高校で水泳の授業中の飛び込みを禁止したほか、日本水泳連盟も指導者向けのガイドラインを公表するなど対策が強化されました。

事故で重い障害の内川さん「心にも傷」

事故で重い障害を負い、禁錮以上の実刑判決を望んでいた内川起龍さん(23)は「身体にも『キズ』を負わせ、心にも『キズ』を負わせるのか」と弁護士を通じてコメントを出しました。

続きを読む

みんなの声

停職6ヶ月て公務員にとったら制裁ではなくただの休暇やろ

「スイミングスクール」では、絶対にやらない指導方法よな。

やっす・・・・

加害者天国日本

何よりまだ教師なんだろ?信じられない

TVで見たけど今も寝たきりの生活だよ

こんなんで済むなら永遠にこの手の事件なくならないね。

公務員が刑事事件おこしたら執行猶予無しの実刑確定にしろ。国民の税金でくっとるんや 立場の弱いのをわきまえさせるべきや。あと職業上での刑事事件ならその免許を取り消すようにしろ 向いてないんや

強制ならこんなん殺人未遂やんね

公務員の名前は隠すマスコミ

ブラック企業の営業かよ

昔は熱血教師とか、もてはやされてた時代があったよな。今は、ただのパワハラ殺人未遂先生

何で高校のプールの水深が1.1mなんだ?水張りが不十分な状態なら更に危険だし

たったの100万円wwww

停職6ヶ月だからって罰金100万で済むとか甘過ぎるな。裁判官はそんなんで本当に済むと思ってるんだろうな。被害者は首から下が動かないんだけど

中学時代は体操部、関東大会で6位に入賞、当時は水泳部。スポーツできないヤツなのかと思ったら、逆にスポーツ万能な方だったんだな







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加