「立花孝志さんのラインは未読無視」へずまりゅうさん、ツイッターのスペースでファンらと交流して語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

へずまりゅうさんは、泊まられせてもらっている青汁王子さんの家からツイッターのスペースで配信をした。渋谷ハロウィンで傷害事件の被害者になってから取り調べを受けていて、取り調べで山口から東京に何回も通うのは経済的に大変なため、青汁王子さんが泊まられせてくれているとのこと。

スペースでは、ファンが#へずまりゅうとつけてツイートをして、そのツイートの質問や感想にへずまりゅうさんが答えて話をしていった。

30歳で体の衰えは感じていないが体重はもう少しで150キロになるへずまりゅうさん、「2時間寝ても十分なショートスリーパーで歯磨きをしない。世間では何が流行ってるのか見て勉強したいから、歯磨きをしている時間があれば色々な動画を見る」。東京に来たときに驚いたことは、「街ゆく人々がワイヤレスイヤホンをしており、独り言を話してるのかと思った。また、新宿が臭い」と話していた。

幼少期にはゲームは好きじゃないと周囲の友人に言っていたが、家が貧乏で買うことができなかったからそう言っていたため、ゲームに関してはトラウマとのこと。大学在学時には、「一年生のときにレスリングに集中して留年しそうだった。授業をたくさん入れていて忙しく、気づいたら就活をできず内定なしで卒業した。」と打ち明けていた。

そして、スーパーの惣菜のバイトとして働いた。2年目は精肉の正社員になった。スーパーで働いていたときに人間関係は良好だったが、そのあとの工場勤務では人間関係は最悪だったとのこと。

へずまりゅうさんは、様々な近況についても言及していた。

N国党からの自身の出馬について触れていたが、党から供託金300~400万円を出してもらっていて感謝の気持ちを込めて挨拶したかったけれど、1ヶ月半N国党の党首である立花孝志さんにラインを返しておらず、未読無視。

また、TikTokにあげて再生数が430万回に達した100円おばさんの動画についても話していた。へずまりゅうさんが逮捕されていた時に多くのユーチューバーが100円おばさんに会いに行った動画が流行っていた。フォロワー1300人くらいの人が100円おばさんに会いに行った動画が80万再生で、今も100円おばさんの行方を気にしている人がいるんだと考えて、1円玉を100枚用意して凸ったら、バズったと分析していた。

現在収益化はできていないが、青汁王子さんやDJ社長さんが次に流行るのはTikTokだと明言しており、へずまりゅうさんもそう思い動画をあげて活動しているとのこと。

へずまりゅうさんのTikTok→100円おばさんに1円玉100円渡したら反応が…

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加