「眞子、民間は就職したくない」宮内庁と外務省、小室眞子さんの就職先を探すロイヤル就活が話題沸騰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

 11月14日に米NYに到着し、マンハッタンの中心部から少し西の「ヘルズ・キッチン」で新婚生活をスタートした小室眞子さん・圭さん夫妻。圭さんは法律事務所に勤務し、2月の司法試験再受験に備える毎日である一方、眞子さんの勤務先に関する情報も寄せられてきた。

(中略)

「宮内庁側はその後、眞子さんがどういった職種を希望するのかなどについて確認したそうです。それを受けて、宮内庁から外務省を通じ、現地の大使館や領事館と就職先を検討することになりました」  

眞子さんの就職先を巡っては、メトロポリタン美術館やアメリカ自然史博物館などが噂されてきた。今年9月まで、東大総合研究博物館特任研究員として勤務してきた経歴を生かしたいという考えあってのものだ――と報じられたこともある。 「宮内庁、大使館や領事館の協議の結果、民間組織ではなく、連邦政府や州の関連施設が望ましいのではないかという話になっているようです」(同)  

過去に名前の挙がったメトロポリタン美術館やアメリカ自然史博物館は、政府が運営に関与しているわけではない。 「就職先候補が美術館や博物館に絞られたという風には聞いていないので何とも言えないのですが、“望ましいのではないか”という文言をどう捉えるかですよね。民間は絶対にNGなのか、そこまでガチガチにダメというわけではないのか、その線引きは難しいですね」

「そういった話は耳にしていませんが、宮内庁や外務省としては、トラブルに巻き込まれる可能性をできるだけ減らしたいということを前提に動いているフシがありますね。たとえば民間の勤務先のスポンサー企業や人物に問題が発生した場合、眞子さんと絡めて報じられることもあるでしょう。スポンサーからの資金を運用するなどして従業員に給与が支払われているわけですからね。民間でなければそのリスクはかなり減らすことはできるかもしれませんし、警備的な問題も民間より話が早いということもあるはずです」  

最悪の中の最悪を想定して動くというのは、危機管理を考慮せねばならない立場としては当然の振舞いなのだろう。

続きを読む

みんなの声

就活フルサポートwww

自分で探せよ

どこが一般人だよ(笑)

世話になった人に「私は私人です。」などという人に何でここまでしないといけないのか。公務員が労働するということは税金がかかっているんだが。

ヘンリーよりタチが悪いな。日本の恥。

自力で何も出来ないんだな…呆れる。

自分で探させなよ。もう、皇族じゃないんだから。

ロイヤル就職

どうせ仕事もせずにお飾りで日本経由で給料出るんじゃない?

説明などやることをキチンとせず、国民が納得し祝福するような状況にならないまま結婚を強行したのにも関わらずここまでやる必要あるんかなーと純粋に感じる。

宮内庁と外務省ってハローワークなんですか?

甘やかすなよ。だからダメなんだよ

忖度人生

一般人である小室眞子のためになぜ外務省が動く?こうしてロイヤル忖度が起こるわけだ。今後海外で就職したい時は、国民みんな外務省や宮内庁に相談したら手配してもらえるのだろうな?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加