「眞子、俺英語できねえンだわ」 英司法専門ニュースサイト、小室圭さんの不合格は言語の難しさが原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫・小室圭さん(30)が米国・ニューヨーク州の司法試験に不合格となったのは、「言語の難しさによるもの」だと英司法専門ニュースサイト「ロール・オン・フライデー」が19日伝えた。

 同サイトは、米法律事務所「ローウェンステイン・サンドラー」にパラリーガル(法律事務員)として採用された小室さんが7月に同州の司法試験を受けたが、「眞子さんと結婚した2日後に発表された合格者リストにはその名前がなかった」など、これまでの経緯を説明した。

 この結果について同サイトは「ニューヨーク州の司法試験は難しい上に、世界中のメディアの注目が集まる中で司法試験に臨むという環境はストレスだっただろう」と小室さんに同情的だ。その上で、7月の試験の合格率は63%で、外国で弁護士資格を持つ受験者では31%と“狭き門”だったことを付け加えた。  

さらに「小室氏の場合はニューヨークのフォーダム大学で勉強し、外国で資格を持つ弁護士でもないことから、まずは母国語でない英語という壁に挑むことが必要だった」とする米大手教育事業会社カプランの司法教育ディレクター、リサ・ヤング氏の話を紹介。

 同氏は「司法試験は複雑で時間制限のある書き問題や読解力を問う問題があり、英語が母国語ではない人にとっては困難」だと続けた。  

同州の司法試験は年2回で、小室さんは次回となる来年2月の試験に再チャレンジすると伝えられている。

続きを読む

みんなの声

戦後最大の詐欺師

アメリカに3年駐在して上司も部下も米人でも相手が手加減してくれて、何とかなったがTVや映画のセリフや長ったらしい文章は無理だったな。

言語が難しいってフォーダムに奨学金ではいって上位20パーセントの成績納めた学生にしか与えられない称号もらったんじゃねーの?

ある程度以上の水準になると読み書きよりも聞く話すの方が簡単だからね。TOEICレベルのリスニングが出来ない層は論外として

そもそも司法の大学を卒業してないのに、留学費用がない事で弁護士資格所持者が受けるLLMから無理やり入学。小室は訳わからん状況だったんじゃないか?

スーツのシーズン1でマイクが弁護士のフリして最初の裁判担当したときに要領分からずアワアワしてるうちに敗訴してたシーン思い出すわ。英語で相手の弁護士に反論したり、裁判官を納得させるって、英会話レベルじゃ絶対無理だよ。

言語が難しくて落ちたって?言語分からないなら弁護どうやってすんだよ(´・ω・`)

英語に難があっても論文の最優秀賞とか、全額免除の奨学金とか、年収2000万の事務所での就職とか、できるものなのだろうか

得意なものは英語しかなかっただろうにそこを否定されたなwあ、詐欺師の能力はあったか。語学力に問題がある奴がニューヨークで弁護士ができると思ってるのか

小室が試験に落ちて心底落胆しているのは、紀子様ただ一人だけの様な気がする







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加