フランス政府、ペットショップで犬と猫の販売を禁止にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【パリ共同】フランス上院は18日、動物愛護に関する法改正案を賛成多数で可決した。動物の福祉や衝動買い防止の観点から、犬と猫はペットショップでの販売を2024年から禁止する。マクロン大統領が近く署名し、施行される。

 犬や猫を飼う場合、保護団体や個人からの譲渡、ブリーダーからの直接購入となる。また、法改正によって施設でのイルカやシャチのショーを26年から、移動型サーカスでの野生動物の利用を28年から、それぞれ禁止する。

 ウサギや魚などは引き続き販売できるが、衝動買いを招かないようショーウインドーに陳列することは禁止する。

続きを読む

みんなの声

ペットショップで売れ残りで大きくなってきた子犬が半額になってたりするの哀しい

廃業しました、はい終わり。なら良いんだけど、それなりに働いてる人の多い産業だからなあ。路頭に迷う人が出てきて犯罪が増えたりする恐れもあるし

ええと思う。日本もこれ採用しようや

少なくとも免許制くらいは導入してもいいと思う

ペットショップにブリーダーが居る店が流行るな

そもそも人が育てて捌いた他の動物の肉を買って食ってんのに、生体販売は悪、飼うなら保護犬猫にしろとかがナンセンス。犬猫を飼う時点でどうあれ人間のエゴなんだよ。どうであれエゴなんだから、入手方法関係なしに、一生大切に愛し育てればいい。逆にオレは保護団体とかのが残酷で嫌いだ。お試しで人の家に行かせて、合わないからリセット、また他の家にって繰り返したりしてる。精神的にはペットショップより残酷だよ。

ぶっちゃけ隣の国で買うだけ

野良猫や野良犬を誘拐する奴が増えそうだ

ペット税とろうぜ。大型50000円、中型~小型34500円でいいだろ

この勢いだと動物園水族館禁止、競馬禁止、動物の肉食うの禁止とかになりそうだな。EUで勝手にやってろよ

これは日本も真似すべきだね

日本もせめて生体の通販禁止ぐらい立法しろよ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加