アップル信者の寺尾社長、バルミューダフォンの開発秘話を語る 「最大の敬意を表します。故・スティーブ・ジョブズ氏に」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

あれは1990年代の終わりごろ。当時、ミュージシャンだった私は、髪を染め、ジャージを着て、ハードなサウンドにラップを乗せて、ロックスターを目指していました。バンドのリハーサルに向かうために電車に乗り、バスに揺られ、ポケットには千円もあれば良い方です。そんな毎日の中で、私は様々な本を読み漁っていました。その中でも心を貫かれたのが、パーソナルコンピューター創世記の物語。シリコンバレーで活躍する巨人たちを描いた一冊です。様々な人々の協業によってアーパネットが開発され、やがてインターネットへと進化する話。ATARIでアルバイトをしていた青年スティーブ・ジョブズがやがてアップルという会社を興し、その最初の製品は、ただのPCボードだったこと。ゼロックスパロアルト研究所で最初のGUIが発明されたこと。マウスとポインターの発明。

高度な演算能力を持ちながらも、文字列でのコマンドと回答しか表示できなかったコンピューターが、絵画的な描画をすることになり、世界中の端末同士がつながっていく物語でした。それは発明のオンパレードであり、昨日できなかったことが、今日はできるようになる、目まぐるしい変化の連続です。あの時代の、あの現場に居合わせた人々は、その眩しすぎる進化に心をときめかせ、興奮していたことでしょう。私はバスに揺られながら、彼らが羨ましいと、心から思いました。

あれからおよそ20年の時がすぎました。その間、私の人生にもさまざまな出来事がおこり、ロックスターになる夢をあきらめ、バルミューダという会社を興し、何度も倒産の危機を乗りこえてきました。

2020年の正月の休暇。私は自宅でひとりで考えていました。かつてはロックスターを目指した私です。彼らは世界中のファンに愛され、一つのフレーズで人々の不安を取り去り、希望を与えていました。どうせ働くなら、彼らのように輝いてみたいですよね。時は今。そう。やりたかったことを、する時なのです。コンピューターを作りましょう。20年越しの恋人に会いにいくのです。そしてなんと、その恋人は、手のひらサイズになっていました。

いつかは作ってみたいと思っていたコンピューター。いざ自分が手がけようとした時、それはスマートフォンに進化していました。これほどまでに小さくなり、私たちの生活に密着するものになっているとは。以前の私には想像できていませんでした。

20年越しの恋人に会いに行きたいという想いとは別に、私にはスマートフォンを作るべき明確な理由が二つありました。その一つは、現在のスマートフォンがあまりにも画一的になっていること。私にはどれも同じように見えていますが、みなさんはどうでしょう。私たちが生まれながらに持っている選択の自由。それを行使するためには、そもそも選択肢がなければなりませんが、それが用意されていないと長年感じてきました。そしてもう一つの理由は、今のスマートフォンが大きすぎること。画面が大きい方が便利なのは理解しますが、もはやポケットに入りません。使っている姿も、格好良いと思えません。おかしいと思うことが二つもあるのなら。世の中に逆らってみようではありませんか。

(中略)

テクノロジーの大きな流れは、多く、とても多くの人々が協業したり、競争することから生み出されます。しかし今回、私は、この文章を書きながら、ある特定の人物を思い出さずにはいられませんでした。

パーソナルコンピューターの民主化、音楽や映画の新しい視聴方法の定着、スマートフォンを世界に提供すること。もし、彼がいなければ、きっと他の誰かが、それをしていたのでしょう。

しかし、それらが、あくまでも私たち人間が使うものだと考え、人々にとって重要な芸術的な価値を付与することができたのは、彼だけだったのだと思います。このテキストの最後に。彼に最大の敬意を表します。故・スティーブ・ジョブズ氏に。

続きを読む

みんなの声

Android載せといてジョブスに敬意をって、喧嘩うっってるのか?

完全に自分に酔いしれてるなあ

iMacまでのアップルのポジションなら狙えたかもしれんね。しかしマッキントッシュもクリエイターには機能的に使えるからちょっと違うと思う。狙っただけでピントが相当ズレていた

Apple風のCM作ってるんだろうな

これ原価、利益率凄そうやな

Apple信者らしくて清々しいじゃんか。スマホなんてガラケー末期と一緒で出来る事は頭打ち、カメラ画質合戦やってんだから、ラグジュアリビジネスぐらいしか残ってないんだろ

ジョブズに敬意払うならiPhoneよりいいもの出して欲しいわ。出せないなら素直にiPhone使っとけよ

パン焼いてればよかったのに。ブランド築けたかもしれないのに

確かに初代iPhoneに似てなくもない。最初に使ったの4だったけど今見るとあまりに小さくてずんぐりむっくりなボディで驚く

上場して1年弱か。気がついたら上場が目的になっちゃってて、いざ上場を果たすと失速するパターンって多いからな。

ジョブズってアンドロイドは水爆使ってでも潰す言うてたやんw

ジョブズは日本のソニーと禅に強く影響を受け、不要なものをすべて消し去った究極デザインのiPhoneを生み出した。でもBALMUDA Phoneからは井深やジョブズが愛したシンプルさは感じられず、むしろ装飾過剰な中華スマホに近い。

なんかここから始まる。ターニングポイント感が凄い。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加