小室圭さん、しゃくれたアゴを引っ込める整形手術をした疑惑浮上 「整形手術に専念、不合格は当然」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

なんと、現在Twitterで、「小室圭さんが、整形手術をしたのではないか?」という疑惑に関する英語のツイートが話題となっているようです。以下のツイートは、全て英文で、検証写真付きで投稿されています。

KKはおそらく、下顎を矯正するために顎の手術を受けたのだろう。 顎のラインにある白い点は、顎を安定させるためのチタンネジのようだ。 上唇は手術の影響でまだ麻痺しています。

彼の顎の手術は、下顎を引っ込め、顎の非対称性を矯正することを含みました。彼の下顎は以前より前方にあり、母親の顎と同じように右側に移動していました。これは、医療保険なしで米国で5万ドルから8万ドルかかる大手術です。

過去にも、小室圭さんの整形疑惑というのは、ネット上でも度々話題となっており、日本帰国後も、マスクをした状態で「顔が変わっているのではないか?」などとも言われておりました。

これまでは、あくまで「目元や鼻の印象が大きく変わった」という程度の問題でしたが、今回の指摘に関しては、骨格の変化が視認出来ているようで、事実である可能性が高いように思われます。

現在、小室圭さんが行ったのではないかと噂されている手術は、痛みや腫れといった大変な苦痛を伴う手術であると同時に、長期間のダウンタイム(施術を受けてから普通に日常生活を送れるようになるまでにかかる時間のこと)が必要になります。

仮に、この整形疑惑が真実だとするなら、米国留学を続ける間、小室圭さんがあまり授業に出席せず、ほとんど人前に顔を出さなかったのも、整形手術を受けたことを隠すためだったのかもしれませんね。この英文ツイートは、日本でも一部で話題となり、次のようなリプライが書き込まれています。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加