歩行者が渡ろうとしている横断歩道の前で止まらないクルマが約7割もいるという驚きの事実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

JAFが2021年10月18日に発表した「信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査」2021年調査結果によると、歩行者が横断歩道を渡ろうとしている際に一時停止するクルマの割合は全国平均で30.6%となり、前年の調査に比べて9.3ポイント増加。

しかし、なお約7割のクルマが、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止していないという状況です。  JAFのデータでは都道府県別の一時停止率を公開していますが、最低は岡山の10.3%、東京はワースト2位の12.1%、最高は85.2%の長野県でした。2016年の調査開始以来、一時停止率がひと桁台の都道府県はなくなったそうです。

クルマで道を走っていて、信号のない横断歩道に人がいた時、あなたはどうしていますか?そのまま通過してしまいますか?それとも一時停止しますか?  

JAFの最新の2021年調査によると、「信号のない横断歩道で横断歩行者がいた時に一時停止するクルマの割合」は全国平均でわずか30.6%。わずか10台のうち3台しか一時停止しないということだ。  道路交通法では、「横断しようとする歩行者がないことが明らかな時以外は、横断歩道の手前で停止できるような速度で進行しなければならない」。

また「横断歩道で歩行者が横断していたり横断しようとしている時は、車道を走行中のクルマは一時停止し、その通行を妨げないようにする義務がある」、と定められている(第38条1項)。  

だから、信号機がない横断歩道で歩行者がいれば、ドライバーは必ず一時停止しなければならず、これに違反すると「横断歩行者等妨害等違反」となる。罰則は3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金、反則金は普通車で9000円、違反点数は2点。  

この義務があるため、信号機が設置されていない横断歩道上で、歩行者相手に事故を起こしてしまった場合の過失責任の割合は、基本的に車両10に対し歩行者0となる。つまり歩行者には何の非もなく、100%クルマが悪い、ということだ。  

それにもかかわらず、一時停止したクルマの割合は全国平均で30.6%。およそ10台に7台は違反を犯しているという調査結果になった。

続きを読む

みんなの声

たまに青信号で移動してる歩行者や自転車を轢く勢いで曲がるガイジおるけど通報した方がええか

車運転するアホの言い分。なんで信号無い所で止まるんだよ。車校がしっかり教えてあげないといけないレベルのドライバーが基本

急に戻ったり、走って来て立ち止まったり。この場合の悪意は車と接触して、不法に金品をせしめようとする事。そんな事を考えて横断歩道を横断している人間って、いると思うか?日本人はそんなの悪意塊だらけなのか?

新潟市内は25メートル毎に信号があって公共交通機関も車も使えない。おかげで新潟交通もゾンビ企業になってしまった。

止まらない車は多い。そして、謎の徐行をしてノロノロスピードを落としているが止まってない車もいる。歩行者からしたら、この車は渡らしてくれようとしているのか、このまま通過しようとしているのか分からずに困惑する。ちゃんと完全停止して、歩行者優先を守って欲しい。

それはそうと、歩行者信号が点滅してから渡らないでほしい。渡り切る直前で赤になってもゆっくり歩くな!左折車はお前たちまってるの!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加