徳光和夫さん 「明石家さんまさんはまだAKBの1人や2人くらいなら妊娠させられる」とセクハラ発言をぶっこむ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フリーアナウンサーの徳光和夫が80歳にして大炎上している。

《今、80になったんですけども、記憶とか思い出が1日に3つか4つか消えていくんですよ》

 10月30日に配信された「浅草キッド」水道橋博士のYouTubeチャンネル『水道橋博士の異常な対談』に、ゲスト出演した徳光和夫。すっかり歳をとったということか、のっけから自虐トークを繰り広げて場を笑わせていた。広告

「博士のことをずっと“御茶ノ水博士”と間違えて呼んでいたことや、長嶋茂雄さんや美空ひばりさんとの交流やエピソードを披露したりと、まだまだ“しゃべり手”として健在の様子。その後も絶好調の徳光さんでしたが、明石家さんま師匠の話題に移った時に問題が起きました。

 かつて“さんまさんのお笑いがよく理解できなかった”として、“共演NG説”の真相などを明かしていった徳光さん。それでも最後には“本当にすごい”と持ち上げると、博士も同調して“さんまさんは年齢の衰えを知らない”と」(ネットニュース・ライター)

 これに《この間、(さんまさんに)お目にかかった時も本当に若々しかったですね。まだ、AKBの1人や2人は妊娠させられますよ》と、表情を変えることなく淡々と言ってのけた徳光。手を叩いて笑うそぶりを見せた博士ではあったが、ここでカットが入って次の話題に切り替わったのだった。

 この発言がネット上に広がると、“完全にセクハラ”“気持ち悪い”“女性をなんだと思っているのか”などと間も無く炎上。

「これは言い訳できない」と首を捻るのはベテラン芸能リポーターだ。

「トクさんとしては、さんまさんがまだまだ“衰え知らずの現役”であることを例えたのでしょうが、“妊娠させられる”発言はマズすぎる。本人は悪気はないのでしょうが、というよりも何が悪いのかわかっていないのかもしれません。

 80歳という高齢だけに思考力の低下も考えられますが、それはあまり関係なさそう。なぜなら昔から失言グセがあり、こと巨人と女性に関しては固定観念が強いように思えるんですよ」

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加