死刑囚さん、死刑執行の当日通知は違法と提訴 「毎朝死ぬかもしれないとおびえている」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

死刑執行を当日に通知するのは、異議を申し立てることができず違法として、死刑確定者2人が4日、国に慰謝料など計2200万円の支払いと、告知日中の執行をしないよう求め、大阪地裁に提訴した。  

原告弁護団によると、死刑執行を告知する時期の違法性を問う訴訟は珍しいという。  原告側によると、執行の通知時期を定めた法律はなく、現行では執行の1~2時間前に死刑囚の収容されている部屋で知らされる。異議申し立て手続きの時間がなく、刑事訴訟法に違反すると主張している。  

原告代理人は「死刑確定者は、毎朝死ぬかもしれないとおびえている。告知当日の執行は極めて非人間的だ」と話した。

続きを読む

みんなの声

被害者も異議申し立てできなかったんだよなぁ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加