蝶野正洋さん 「小室圭さんは専業主夫で十分なんじゃない。今準備しておくのは掃除、洗濯、料理だよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

プロレス界の「黒いカリスマ」こと蝶野正洋(58=東スポグループ強化部長)が、10月に結婚した秋篠宮家の長女眞子さんと小室圭さんに“黒い人生設計変更アドバイス”を送った。物議を醸した結婚会見の問題点を指摘した上で、2人が「令和のBI砲」を目指すように助言。またニューヨーク州の弁護士試験に不合格となった圭さんには、“専業主夫”を選択肢に入れるべきだと断言した。

(中略)

「圭さんが独断で動いたことはありません」という発言でも思ったけど、眞子さんは強い女性だよな。かなりのもんだ。もうなんというか…完全な黒幕みたいですごいわ。もしかしたら、だまされてるのは圭さんかもしれないとすら思ったよね。見てて面白いし、この先、なにかやってくれると思う。

なんてことを思ってたら、圭さんがニューヨーク州の弁護士試験に不合格なんてニュースも入ってきた。そもそも俺はあまり詳しく分からないけど、そんな難しいレベルのところ、目指せる人なの? ニューヨークなんて聞いただけで競争率高そうだし、もっと低そうなところで受けりゃいいじゃん。カンザスシティーとかアラバマとか。変にニューヨークだとか、大都市にこだわって時間がかかるようだったら、別の都市に行ったほうがいいよね。  

なんならもうここまで来たら全部踏み倒して、受かんなくてもいいんじゃねえかって。だって眞子さんからの指示で、海外に拠点をって話でしょ? もう合格とか関係ないよ。しょせん向こうに行くための口実なんだから、別に日本人レストランで働いてたっていいじゃん。それか今のうちにたくさん論文で賞をもらって、売名行為して文化人になっちゃうか。米国で日本の皇族文化を伝える評論家とかいいんじゃないか。眞子さんと2人で。

というかぶっちゃけさ、本腰入れて米国で仕事したら、眞子さんのほうが大成功できるんじゃないの。圭さんももう“専業主夫”で十分なんじゃない。今、準備しておくのは掃除、洗濯、料理だよ。新日本プロレスの新弟子だって最初に学ぶのはそこなわけだから。

続きを読む

専業主夫でも、いいけどさ。2人が良ければさ。Mさんは、通話付きで勤務というし、実力主義の海外で、忖度もどこまで効くのかしら?無敵のロイヤルパワーだから、どこまでも効くのかな??

眞子にしっかり働いてもらい養ってもらえばいいんじゃないの!そもそも小室はしっかり働くような人には見えないし今までもやってきたことが全て中途半端。親が人の金を当てにして楽な人生を歩いてきたように子供も母親の背中を見て育ったと感じます。自宅で洗濯・掃除・料理をすればよい

小室氏はとんでもないお嬢さんに声をかけてしまいましたね。箱入り娘で意のままに操れるとでも思っていたのでしょうが自分の予想の斜め上をいく女性だったのではないですか?

身分相応がいいよ英会話の塾でもしたらどうかなぁ。これなら、ロイヤルパワー発揮しても、あまり世間に叩かれる気はしないが。取り敢えずハードルを下げないと生活が破綻するよ。

専業主婦もできないでしょうね。

それをヒモというのでは…。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加