京王線国領駅の事件犯人、ジョーカーの勝負服はお値段なんと20万円 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

東京都調布市内を走行していた京王線の特急電車内にいた乗客17人が重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された住所・職業不詳の服部恭太容疑者(24)が事件当時に着ていた服について、「10月に新宿の店で約20万円で買った」と話していることが捜査関係者への取材で判明した。

この服は、映画バットマンシリーズに登場する「ジョーカー」が着ているものに似ていた。警視庁調布署捜査本部は、憧れていたジョーカーに自身を重ねて事件を計画した可能性があるとみて調べる。  

捜査関係者などによると、服部容疑者は「ジョーカーが人を平気で殺す姿に憧れた」と供述。10月上旬、「普段使いする服を探している」と新宿の複数のブランド店を訪れ、紫色のスーツと千鳥格子柄のネクタイを約7万円、濃い紫色のコートを約13万円で購入していたという。

(中略)

消費者金融で借金をしながら、7月下旬からは神戸市、名古屋市の順で約1カ月間ずつホテルなどで過ごした。

続きを読む

みんなの声

高額を踏み倒すつもりで借りたお金で、わざわざチンドン屋の格好しに地元から出来て、あのような犯行をするとは、愚かとしか言いようがありません

欲しい物はお金を出して買う。これくらいは理解しているんだね。何故、刃物で人を刺してはいけないということが守れない

消費者金融で借金してまでジョーカーの服を20万円で購入するあたり、やっぱりかなりのパーチクリンということはわかった。

コイツ、幾らの借金したんだろう?少なくともスーツで20万円、約3ヶ月もホテル暮らしとなると、更に60~90万円くらい(ビジネスホテルだとしても)。そこに毎日の食費や交通費等……。無職の人間にそんなに金を貸す消費者金融があるとは。

あのさ、20万円のジョーカー仮装揃えられる時点でさ、ジョーカーほど絶望してる側の人間じゃないんよ。ただのあまったれなんだと思う。

その20万で何か本でも買ってスキル身に着けたらうまくいく可能性もあるのにね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加