小室圭さん、次の司法試験に落ちたらクビになって日本に強制帰国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

小室圭さん、まさかの不合格…来年2月の合格は是が非でも、という現地事情があるようだ。

小室圭さんNY司法試験不合格

10月26日に結婚し、新生活を始めた小室眞子さん・圭さん夫妻。 日本時間の10月29日、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験委員会が合格者の一覧をホームページで発表した。しかし、その中に小室圭さんの名前はなかった。 今回のニューヨーク州の司法試験は7月にオンライン形式で行われ、受験者数は9227人。全体の合格率は63%で、初めて受験した人の合格率は78%だった。 ニューヨーク州の弁護士資格を持つリッキー徳永さんは、今回の小室さんの不合格の原因についてこう分析する。

ニューヨーク州弁護士 リッキー徳永氏: 1つはもちろん英語力は結構ネックになるかもしれない。ましてや日本の大学で法学部ではない学部で勉強していて、いきなりアメリカに留学して、英語力+基本的なアメリカ法の知識が3年間でそこまで達するかというと、結構そこはハードル高い。 実際、日本人をはじめとした留学生の合格率は50%を切るという。 小室さんは現地の大手法律事務所でアシスタントとして勤務していて、2022年2月に行われる次の試験に再び挑戦するという。

2022年2月は是が非でも合格の現地事情とは?

合格すれば肩書が弁護士に変わり、年収2000万円ほどの収入を得ると言われていたが、現地の弁護士事情では、資格を取れなかった場合の年収は600万円程度だという。 そして、小室さんは2022年2月の試験は働きながら再チャレンジすることになる。収入面だけではなく、勉強時間をどう確保するのかも大きな課題に。 ニューヨーク州弁護士資格を持つ国際弁護士 樋口一磨氏: アメリカでもあるしドライな点もあるから、可能性としては「(司法試験に)受からない人はもうやめていただいて結構です」と言われる可能性もゼロではないと思う。

樋口さんによると、小室さんは大学卒業後も1年間はアメリカに滞在して働くことができるが、それも2022年5月まで。 その後は就労ビザを取得しなければならないため、2022年2月の試験には合格する必要があるという。 ニューヨーク州弁護士資格を持つ国際弁護士 樋口一磨氏: もう是が非でも2月に受からないと、事務所との関係も気まずいですし、生活費も苦しいでしょうし、ビザの問題も出てきますので、2月の合格は是が非でもということになる。

続きを読む

みんなの声

なんか可哀想。もうやめたい、弁護士も結婚も全部やめたい!って誰にも言えないもんね。世間の目がって言うより、奥さんが怖くて。自業自得だけど。

結婚がゴールだったんで合否なんて気にしていないよ。アメリカで働けなくても日本国内でもほとぼりが冷めるまで大人しくしていればいいしね。手厚い支援もあるから安心。

眞子さんが言っていた事実に基づかない情報は、小室さんは奨学金を得て、さらにコンテストでも優勝するほど優秀。弁護士試験合格は間違いないとことだったのだろうか?結局、弁護士試験は不合格。留学資金や生活費にどうせ税金が投入されているのだから、最低限のマナーとして弁護士試験は合格しないと国民に失礼だ。

早く別れちゃえ。。。

本人は逃げ出したくてしょうがなかったりして(笑)

令和のバッカプルとしか。

全てが胡散臭い奴

ワロタ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加