京王線国領駅の事件犯人 「人を●すジョーカーにあこがれていた。犯行の勝負服として購入した」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

東京都調布市を走行していた京王線特急内で乗客17人が負傷した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男が「仕事や友人関係がうまくいかず、人が多いハロウィンの日に大量殺人を計画した」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁調布署捜査本部は、計画的に無差別殺傷しようとした可能性もあるとみて、慎重に調べている。

逮捕されたのは住所・職業不詳の服部恭太容疑者(24)。調べに対し容疑を認め、「今年6月ごろに仕事で失敗し、友人関係もうまくいかず、死にたかった。自分では死ねないので、2人以上殺して死刑になりたかった」などと話している。被害者らとはいずれも面識はなかったとみられる。

特急列車で犯行を狙った理由については、「駅と駅の間の走行時間が長く、犯行に適していた。(8月に発生した)小田急線の刺傷事件を参考にした」という趣旨の説明をしているという。

犯行前には、ハロウィンでにぎわう渋谷駅周辺を30分ほど歩いていたことも判明。服部容疑者も米人気コミック「バットマン」に登場する悪役「ジョーカー」の装いをしていた。「人を殺すジョーカーにあこがれていた。犯行の勝負服として購入した」などと話している。

事件は10月31日午後8時ごろ、京王八王子発新宿行き特急(10両編成)で発生。調布駅を出て明大前駅に向かっていた車内で、乗客の男性(72)が刃物(刃渡り30センチ)で右胸を刺され、意識不明の重体となった。

その後、服部容疑者は車両を移動。オイルとみられる液体をまいてライターで火を付け、シートなどが燃えた。10~60代の男女16人も逃げる際に転倒したり、煙を吸うなどしてけがをした。国領駅に停車後、駆け付けた調布署員が服部容疑者を取り押さえた。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加