京王線国領駅の車内でジョーカーの仮装をした男がガソリンをばら撒き刃物で人を襲うテロ事件が発生してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

31日午後8時ごろ、東京 調布市を走行中の京王線の車内で男が刃物を振り回して周りの乗客に切りつけ、さらに液体をまいて車内に火をつけました。少なくとも8人がけがをしていて、このうち1人は意識不明の重体だということで、警視庁は20代の容疑者を逮捕して詳しい状況を調べています。

警視庁などによりますと、31日午後8時ごろ、東京 調布市の国領駅付近を走行していた京王線の車内で、男が刃物を振り回して周りの乗客に切りつけました。

捜査関係者によりますと、男はさらに車内に油のような液体をまいて火をつけたということで、シートの一部が燃えたということです。

男は年齢が20代で現場でまもなく取り押さえられて逮捕されました。

また、けが人が少なくとも8人いるということで、このうち60代の男性が刃物で刺されて意識不明の重体だということです。

警視庁などが当時の詳しい状況を調べています。

京王線 上下線で運転見合わせ

京王電鉄のホームページによりますと、午後8時17分現在、京王線は上下線で運転を見合わせています。

乗客はホームから降りて避難

京王電鉄によりますと、東京 調布市の国領駅付近で京王線の上りの新宿行き特急電車の車掌から「車内に刃物を持った男がいる」と連絡があったということです。

このため本来は止まらない国領駅に緊急停車し、乗客はホームから降りて避難したということです。

特急電車は調布駅を午後7時54分に出発し、次の停車駅の明大前駅に向かっていました。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加