自称賢い投資家さん「利幅が大きいApple製品のiPhoneを買うのはバカ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

アップルはとんでもなく儲かっている。だから消費者としての私は、アップル製品は買わない。

私の家ではアップル製品は一つも使われていない。その理由は、「利幅があまりに大きい商品を買ってはいけない」という、消費者としてのお金に対する我が家のルールが徹底されているからだ。

同じ結果が得られるのであれば、払うお金を最も少なく済ませるのが、賢い消費者であり、賢い投資家であると私は考えている。

例えばスマホで検索するとしよう。検索バーに文字を打ち込んで表示された結果をタップしてブラウザで見る。これはどんなスマホを使っても同じである。他にもアップルミュージックでなければ聴けない音楽はほとんどない。YouTube、Spotify、アマゾンミュージックで同じ音楽が聴ける。LINEもインスタもメールも、アンドロイドのスマホでできる。アンドロイドではエアドロップができないが、写真を共有するという結果を得るのが目的なら、他の方法で送ればいい。

PCも同様である。私のMacフリークの友人に言わせると、Macはウィンドウズアップデート的なものがないからストレスフリーだとか、ウイルスを心配しなくていいとか、画面がきれいだとか、質感がいいとかいろんなことを言うが、私にはあまり響かない。本稿の原稿料はウィンドウズPCで書いてもMacで書いても同じだし、書くスピードも変わらない。書く時間より考えたり調べたりしている時間のほうが圧倒的に長いからである。

「iPhoneにしかできないこと」は意外と少ない

こう考えると、「アップル製品でしかできないこと」はあるようでない。細かいことを言えば、少し前に話題になったクラブハウスには当初アンドロイド版がなくiPhone利用者しかダウンロードできなかった。このようにアップル製品でしか使えないアプリなど、なくはない。でもスマホの目的をより大きく捉えれば、基本的にはない。

ちなみに、大手携帯電話会社の通信サービスについても、利益率が高すぎるのではないかと個人的には思う。だから私は10年以上前に「月々の支払いは高く見えないが、長い目で見ると大金を払わされる」大手携帯電話会社が提供するサービスの利用をやめ、SIMフリー端末と格安SIMをそれぞれ個別に買っている。中学生になった頃から持たせた子供たちのSIMと端末もそうしている。大手キャリアでも格安SIMでも、結局、スマホから得られる結果は同じだからだ。

続きを読む

みんなの声

自分が賢いと言う前提で話しをするのは駄目じゃないかな。賢さってのはいろいろな方面で違いがあるんだし、それにApple製品を使ってる資産層も多いよね。

macとiphoneは壊れた時に代替え品ですぐに同じような環境構築できるからやで(仕事で使う人間の発想

賢くないのでアイフォン使ってる

Android派です。コスパ大好きな日本でiPhoneの例外っぷりは謎だと思う。

なんか日本でGAFAが生まれ辛かったり、ソフトウェアエンジニアが重宝されない理由を垣間見た気がする。アーリーアダプターが生まれにくい考え方だな

吉野屋で500円の牛丼を食べるのか、銀座で3000円の牛丼を食べるのか? 半額弁当を200円で買うのか、家で原価800円の膳を作るのか? 合理性を考えるなら前者だろう。ただそこじゃないんですよ・・・美学の問題 という言い訳です

そもそもスマホの種類なんて知らないやろw 毎回スペックを確認して買う層はオタクだよw

アップル信者に効きすぎてコメント欄見て噴いた、肩の力抜けよ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加