眞子さんと渡米予定の小室圭さん、ニューヨーク州の司法試験は不合格 「年収2500万を逃す」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【ニューヨーク時事】秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)が7月に受験した米ニューヨーク州の司法試験の結果が28日、各受験者に通知された。試験主催者が発表した。合格者は29日にサイト上で公表されるという。試験は9227人が受験し、合格率は63%だった。

続きを読む

小室圭さんが受験したニューヨーク州の司法試験の合否結果が日本時間の本日22時過ぎに公式ウェブサイトで発表された。発表された受験者氏名の一覧に小室圭さんの名前はなく、司法試験の結果は不合格だった。

現在渋谷区のマンションで小室眞子さんと同棲し国際免許取得の手続きなどをしてニューヨークに住む準備を進めていると見られるが、物価の高いニューヨークに住むとなるとそれなりの収入が必要だ。仮に司法試験を合格していたら、年収2500万円の待遇であった。

しかし、大手法律事務所の内定を得ている小室圭さんは、不合格となると助手の事務員として働くことになる。約600万円の収入となり、マンハッタンの高級住宅街アッパーウエストサイドにある家賃100万円の物件に住む予定という報道があったが、マンハッタンの1LDKの物件の家賃相場は50万円程のため、想定していたと思われる眞子さんとのニューヨークの暮らしぶりは一変するのではないだろうか。

合否発表された公式サイト


















シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加