タピオカ裁判で40万円を支払う判決が下った木下優樹菜さん「色んな仕事を考えたけど、この仕事しかできない」と芸能界復帰を懇願

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

元タレントの木下優樹菜さんが10月28日に自身のYouTubeチャンネルを開設。初投稿となる動画では「これからもまた一から活動させていただきたく思います」と活動を再開することを報告しています。

木下さんは2019年11月、姉が勤務していたタピオカ店経営者とのトラブルをきっかけに芸能活動を自粛。お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さんとの離婚後、2020年7月に芸能界を引退しました。

今回のYouTubeチャンネル開設の前日27日には、タピオカ店経営者が木下さんからSNSで脅されたとして1000万円の損害賠償を求めた訴訟について、東京地裁は木下さんに40万円の支払いを命じる判決を言い渡していました。

動画で木下さんは判決について触れ、「今回自分のしてしまったことが、脅迫という結果になり、それを真摯(しんし)に受け止めています。本当に嫌な思いをさせてしまった相手の方、不快な気持ちにさせてしまった皆さん、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

その上で、「私にはやっぱりみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがすごく強くて、この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないと思いました」と仕事への思いを吐露。「子どもたち、娘たちのためにも働きたい、働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまた一から活動させていただきたく思います」と活動再開を伝えました。

続きを読む

木下優樹菜さんのDM

謝罪

荒らされた口コミ

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加