イギリスのハロウィーン 「4割がお菓子をあげない、居留守」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【ロンドン時事】今月31日のハロウィーンを前に、魔女やお化けなどに仮装した子どもたちが「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と叫びながら家を訪ね歩く習慣に対し、英国民の約4割が居留守を使って応じないつもりでいることが明らかになった。

調査会社ユーガブが26日、世論調査の結果を公表した。
 調査によると、子どもたちの訪問を受けた場合、47%が「お菓子をあげる」と回答。しかし、40%は「ドアを開けない。不在のふりをする」との意向を示した。3%は「ドアを開けるが、別のものをあげる」とし、別の3%は「何もあげない」と答えた。


ハロウィーンは英国やアイルランドに住んでいた古代ケルト人の祭りが起源とされる。近年では日本でも人気を集めているが、迷惑行為が相次ぐなどの問題も生じている。
 

調査は3000人以上の英国の成人男女を対象に実施された。

続きを読む

みんなの声

子持ち様は、日本人は冷たい…のりが悪いというけど、イギリスも4割は居留守だそうです。 道路族って日頃の挨拶もない癖に ハロウィンとか言って集まるから本当に迷惑 害でしか無いから辞めて下さい。

もうコロナはどうでもいいらしい。日本も見倣え。

今日ドンキ行ったらHalloweenコーナー超小さかった。コマーシャリズムにのっかってるお店がそれって事は、数年前に比べると大分皆熱も冷めた模様。 そもそも日本人は仮装しかしないし、はよすたれてくれw

え・・・ なんか悲しいぁ( ˙꒫˙ )スン

アタシもおめかしして、お菓子もらいに行かなくっちゃ!お願い、居留守しないで、ぴえん

子供「いるのは分かってんだ!」ドンドンドン!!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加