小室夫妻の報道で開き直った坂上忍さん 「国民の関心あるものをメディアが取り上げるって、罪ですか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

いわゆる「眞子さま問題」も、10月26日の婚姻届提出と記者会見でひと区切りついた。私はこの問題について、興味本位の放送をしてきたテレビ局の情報番組の責任は大きいと思っている。ところが、フジテレビ「バイキングMORE」MCの坂上忍氏は同日の放送で、「報じる側からしたら興味あることやっているだけなんだよね」と発言。視聴率が取れる放送をすることが「罪ですか」と、開き直りとも取れる発言をした。

「バイキング」はこれまで、各局の情報番組の中で小室圭さんに最も厳しいコメンテーターを揃えて、辛辣な批評をしてきた。  例えば、今年4月28日、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明氏は、もし自分の娘の交際相手が小室さんだった場合、結婚を許さないと述べる文脈で、次のようにコメントしている。 「お金もねえ、これから留学して弁護士の資格も取ってねえ奴が『結婚してください』って俺に言ってくる時点でおかしいんだよ」、「これから留学して、資格も持ってない、お金も借りてる状態でしょ? 借りてるというか金銭トラブルがある状態で、何も成しえていない人間が(娘を)幸せにできるわけないと思わない?」  

小室さんの人格否定につながりかねない発言である。これは一例に過ぎない。 「バイキング」は小室さんをこのように揶揄し、金銭トラブルが解決しないことの責を小室さん母子に一方的に負わせてきた。 ■眞子さん発言への批判  本来はおめでたいはずの結婚の日に、眞子さんの発言について坂上氏は、 「それ言うんだったら、結構なマスコミ批判ですよ」「結構な衝撃でしたけど」 「結構な鬱憤が溜まってたっていうのはちょっと伝わってきたけどね」 「周りに、もうちょっとアドバイスできる方とか、代弁してくださる方とかっていうのが、もしも、いらっしゃったら……」「お2人だけの世界に埋没してる感が、改めて見たらより感じる」  と、批判的なコメントを繰り返した。  坂上氏の発言で聞き捨てならなかったのは、テレビが「眞子さま問題」を扱ってきたのは、番組に関心を寄せる人がいたからだと述べた次のくだりだ。

「(解決を長引かせてしまった小室さん側の対応は)一番引っ張られるやり方なわけ。そうすると、メディアは離さないですよ。じゃあ、離さないメディアが罪なんですかって言ったら、俺は何かテレビの回し者的なような聞こえ方になっちゃうかもしれないけど、国民の関心事ね。じゃ、それが視聴率っていうのに換算するとするじゃない。

『視聴率がいいからあの番組、あのネタばっかりやりやがって』っていう人いるんだけれども、国民の関心あるものをメディアが取り上げるって、罪ですかって僕は思うんです。いち視聴者としてもね。だから、いち視聴者として見たら、『またやってるよ』とたぶん思ってる。ただ、報じる側からしたら、興味あることやってるだけなんだよね。そこもやっぱり議論あると思います。メディアを叩くのは簡単だよ」

 あきれた開き直りにしか聞こえない。例えば、小室さんの髪型は、視聴者が下世話な関心を抱きがちな話題である。  

しかし、NHKと民放連がつくった放送倫理基本綱領には、「放送は、いまや国民にとって最も身近なメディアであり、その社会的影響力はきわめて大きい。われわれはこのことを自覚し、放送が国民生活、とりわけ児童・青少年および、家庭に与える影響を考慮して(略)国民の生活を豊かにするようにつとめる」とある。  関心があるから何でも報じてよいわけではなく、社会的な影響力を考慮して、品位や常識が求められているのである。

続きを読む

みんなの声

バイキングって番組は 明らかにBPO案件だと思いますね。 責任を取らせる必要がある。

森先生 おっしゃる通りすぎる。 バイキング 坂上氏はじめ、出演者の開き直りや自己保身が酷い。

マスコミは「興味があるから」という理由で他人のプライベートを晒してあれこれ批判して傷つけて良い訳ないでしょ。「報道の自由」を履き違え過ぎてて草も生えないわ。

ふざけてるな 高橋真麻とおぎやはぎの発言は完全に一線を大きく越えていた誹謗中傷だと思う フジテレビは報道を扱う資格がない

「国民の関心あるものをメディアが取り上げるって、罪ですかって僕は思うんです」(坂上忍氏) 罪だよ。テレビだって、品性とか節度が必要。

放っておけばイイのにテレビってやつは……まぁ観ちゃうんだけどね


テレビなんて見ないに限るよな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加