近藤真彦さんが経営するうどん店さん、GoToEatキャンペーンを不正受給してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

近藤真彦(57)が経営するうどん店が、GoToEatキャンペーンを不正に利用して、利益を得ていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

2016年末にオープンした和歌山県・南紀白浜のビーチの近くにあるうどん店は、夜は居酒屋として営業している。運営元は近藤が社長を務めるエムケイカンパニーという会社だ。南紀白浜は、近藤にとってかつてクルージングなどでたびたび訪れ、別荘を借りていた、馴染みの場所でもある。

1冊につき1000円で、『40万円儲かった』

店長の知人のAさんが、不正に気が付いたのは9月下旬のことだった。

「GoToEat事務局から突然電話があり、『クーポン券を買いましたか?』と。身に覚えがなく、友人に話をすると、うどん店のB店長が知人の名前と電話番号を勝手に使って、コンビニでクーポン券を買っていると聞いたんです」(Aさん)

和歌山県のGoToEatは、客がコンビニ等で1冊5000円分のクーポン券を4千円で購入。そのクーポン券を飲食店での支払いで利用できる制度だ。

「クーポンの売り上げは後日、事務局から振り込まれます。B店長は自分で買ったクーポン券を店の売り上げとして架空計上することで、差額分を儲けていた。1冊につき1000円で、『40万円儲かった』と嘯いていた」(Aさん)

B店長は不正受給を否定

だが申請したクーポンの中にB店長自身の名前で買ったものが含まれていたこと、また利用額が不自然に増えていたこともあり、事務局が店に問い合わせる事態に発展。そして確認のためAさんにも問い合わせたのだった。

(中略)

近藤の事務所は事実だと認める

――知人の名前や電話番号を勝手に使って、クーポン券を買ったことはないか。

「絶対ないです(笑)」

と、自分の名前を使ったことは認めたものの、あくまで他人名義で不正に利用したことは無いと否定した。

だが、近藤の事務所に問い合わせると、「貴誌のご指摘によるGoToEatのクーポン券の不正利用を社内調査した結果、私が経営している飲食店の従業員による事実だと判明いたしました。大変申し訳ございません」とあっさり認め、文書で次のように回答した。

続きを読む

みんなの声

マッチってうどん店経営してたんや・・・ いろいろ続くね

J-POPのトレンドが『不正受給』で、検査態勢など偽ってたフェスが明らかになったのかと思ったら近藤真彦経営の店がシンプルに助成を不正に受けてるだけだった。 更なるケジメなさいが待たれる

ピュアすぎた中森明菜もこんなんの思想に取り込まれずさっさと縁切れて良かったなw 後輩の東山紀之がキレぎみやったのもよーわかるw

近藤真彦57歳 経営うどん店 GoToEatで 不正受給 黒柳さ━━━━━━━━ん!!

やらかしてばかりで 救いようのないヤツね❗️❗️😡 元々 何十年も前に 叩かれなければ 行けなかった奴❗️❗️ジャニーズさんに 守られていただけで 人間としては底辺にいる そんな奴よ❗️❗️≧(´▽`)≦アハハハ 明菜さんは大笑いꉂꉂ(∀ᵔ*)

マッチ対応速っ!

近藤真彦が不正受給ねえ、ただのクズですやん。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加