【貧乏ニート爆死決定】休憩の多い人気の〇〇アルバイトが完全AI化で廃止に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

国土交通省は、本年度の道路交通量調査から人手による計測を完全にやめ、路上のカメラ映像を人工知能(AI)で解析するなど、情報通信技術(ICT)を活用する手法に切り替えた。コストを削減するとともに、目視では精度にばらつきが出るデータを効率的に収集する。5年後に予定される次回調査は自治体が担当する都道府県道などでも人手廃止を目指す。

続きを読む

ネットでは

学生時代よくこのバイトをやったけど、交代要員が多いから休憩も多くて稼げるバイトだっただけに時代の流れを感じるね

カメラとAIなら、5年ごとなんて大々的にやらなくても済むので、もっと頻繁にやって渋滞の解消等に生かしてほしい。

適当にカチャカチャやってる人も実際いるしね。横断歩道で信号待ちしてるときに通った車の台数と計測してる台数全然違って驚いた記憶。

信頼性が担保出来ない上に高コストなんだから、いままで廃止してなかったのが不思議なくらい。

大賛成です。
以前アルバイトでやった事がありましたが私以外のアルバイト3人は友人のような感じでお互いに適当にやる雰囲気でやってました。
しかも集計をまとめる担当者もアルバイトらしくかなり適当にやってました。
真面目な人もいましたが誤魔化しを確認出来ない体制での調査でしたのであまり信憑性は無い数字だと思います。
この手の仕事はAIの方が正確でコストが安いと思います。

このAIによる代替によって、このアルバイトは無くなりますが、そのかわりこのAIのデータ管理をするサーバや監視カメラの保守作業といった新しい職種が生まれるのではないだろうか

学生で金がなかった時このバイトにお世話になりました。
24時間で2万いくらになって当時は結構おいしかった。
当時はスマホもネットも普及していない時で朝10時に
なると同時に電話かけてバイトに応募していました。
たまたま天候が良かったけど、雨とか雪とか風の強い日は大変だろうなと思いました。
廃止されるのは時代の流れとはいえ何か寂しいものがあります。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加