世界中のガジェオタが熱狂するGoogleの新型スマートフォンPixel6とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

 グーグルは10月20日、スマートフォンの新モデル「Google Pixel 6/6 Pro」を発表した。Googleが開発したシステムオンチップ(SoC)「Google Tensor」を搭載する。同日から予約を受け付け、販売開始は10月28日。 国内の「Google ストア」での販売価格(税込)は、Pixel 6 Proが11万6600円から、Pixel 6が7万4800円から。Pixel 6 Proはソフトバンク、Pixel 6はKDDIとソフトバンクでも取り扱う。
 Pixel 6 Proは、10~120Hzに対応できるスムーズディスプレイ6.7インチLTPO OLED(QHD+)パネルを搭載。サイズは約高さ163.9mm×幅75.9mm×奥行き8.9mm、重さ210gで、内蔵メモリーのRAMは12GB。ROMは128GBか256GBを選択できる。バッテリーは最小4905mAhで、24時間以上の駆動が可能。背面には約5000万画素の広角カメラ、1200万画素のウルトラワイドカメラ、光学ズーム4倍、4800万画素の望遠レンズを搭載したトリプルカメラモデル。前面には1110万画素、画角94度のカメラを搭載し、Sub-6/ミリ波ともに対応する。Google ストアでの販売価格(税込)は、128GBが11万6600円、256GBが12万7600円。カラーはストーミーブラック、ソータサニー、クラウディホワイトの3色。
 Pixel 6は、60~90Hzに対応できるスムーズディスプレイ6.4インチOLED(フルHD+)パネルを搭載。サイズは約高さ158.6mm×幅74.8mm×奥行き8.9mm、重さ207gで、内蔵メモリーのRAMは8GB。ROMは128GBか256GBを選択できる。バッテリーは最小4524mAhで、24時間以上の駆動が可能。背面には約5000万画素の広角カメラと1200万画素のウルトラワイドカメラを搭載したデュアルカメラモデルとなる。前面には800万画素、画角84度のカメラを搭載し、5GはSub-6に対応する。Google ストアでの販売価格は、128GBが7万4800円、256GBが8万5800円。カラーはストーミーブラック、ソータシーフォーム、カインダコーラルの3色。
 Pixel 6 ProとPixel 6はいずれも、インターフェースは「USB Type-C 3.1 Gen1」、nanoSIMとeSIMに対応するデュアルSIMモデル。ディスプレイに指紋認証センサーを内蔵する。また、Googleがモバイル向けに初めて自社開発したPixel専用SoCとなるGoogle Tensorを搭載。音声認識や画像処理、消費電力の節約などをサポートするほか、新しいCPUベースのサブシステムとなる、セキュリティ向けのチップ「Titan M2」を組み込んでいる。従来のアプリケーションをプロセッサーで切り分けられるようになり、隔離したセキュアな環境で機密性の高いタスクをコントロールできる。なお、セキュリティアップデートは最低5年間提供する。

続きを読む

ネットでは

携帯って、分割払いする人が多いから、価格が上がっても文句を言う人が少ない。ただ、明らかに価格は上がっており、消費者にメリットはない。私は、身の丈に合う金額の機種を現金一括で買い、使い倒しています。

車も携帯も高く感じるのは
給料が上がらないから、確かに最低賃金は上がっているが、
30年前に最低賃金ギリギリで働くのは高校生のアルバイトぐらい。

今は高校生のアルバイトも、25歳の成人男性の時給換算もさほど変わらない人が多くなってしまった。
車は無くても生きていけるが、携帯ぐらいは3年に1回ぐらい買い換えたいが
給料で割り算すると高く感じる。

その意味では、マックのハンバーガーや3社の牛丼は本当に頑張っている。

とりあえず、楽しそうなので予約しておきました。Proの場合、256GBタイプは黒系のみで、白と黄色(?)は128GBしかないんですね。でもまー、今までも128GBで足りているから白にしてみました。
今まで色んなメーカーの端末使ってきたけど、やっぱ、Google端末が一番使いやすいなーって思います。なんせ、余計なカスタマイズされていませんからね。ちょっと高くなっちゃったけど・・・。

それでも、予約で11000円のストアクレジット。分割では更に5000円がもらえるようなので、利子、手数料もかからないので分割にして、実質、16000円引きって所ですかね。

これって、日本が他の先進国並みに経済成長して所得が上がっていれば
39800円!サンキュッパの普及品の価格なんですよね。
かつての1ドル70円の円高時代でもそのくらいでしょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加