スマホの本体代金を代理店が「自由に」設定→価格競争による値下げを期待

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

携帯電話大手3社は13日、スマートフォンなどの端末を販売する代理店が自由に価格設定しやすくなる制度変更を発表した。公正取引委員会が端末の販売価格拘束は独禁法上問題になり得ると指摘したことに対応する。代理店同士の競争が活発になり、端末の値下げが進む可能性がある。

続きを読む

ネットでは

ホントにそれでいいの?
代理店なんて、いい会社もあれば、ブラックに近い会社もゴロゴロあるぞ。クロスセルで、クッソ高いぼったくりSDカード売りつけたり、dカード入会させたり、もっとひどくなりそう。

これすると、又通信契約とのセット割引(端末1円とか)に戻らん?
そしたら又「後で解約してもいいですよ」のわけわからんコンテンツサービスも付け出して、
販売奨励金でなんとか利益を確保しようとせんか?

まぁ、キャリアがこれに便乗して、
通信プランを今以上に罠だらけにしなければいいが。

なんか結局振り出しに戻りそうな…

いくらで売ろうがいいけど、契約やその他との紐づけ禁止
それだけ
パソコンやテレビとかと同じ家電なんだよ
ゼロ円って無理というか誰かが割喰ってるって普通にわかるだろ
乞食年寄り関係なく適正価格はみんなで守らないと

もとオレンジのロゴの携帯を取り扱う代理店の社員ですが、今は分割払いがほとんどで価格を代理店が自由に設定できるなら、月々の分割金額も代理店が自由に設定できることになりますが、分割金額はキャリアが指定している金額からしか選べないので、実際に価格を自由に決めることは無理だと思います。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加