米モデルナ社さん、「3回目以降のモデルナ製ワクチン接種は半分の量でお願いします」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

(CNN) 米モデルナが米食品医薬品局(FDA)に対して、同社の新型コロナウイルスワクチンの追加接種を現行接種の半分の用量で承認するように求めていることが、12日のFDAの公表資料からわかった。

モデルナのワクチンは現在2回の接種が行われ、各回100マイクログラムが投与されている。

同社は追加接種について、その半量の50マイクログラムで申請。半分にすることで、世界各国へのワクチン供給を支援しつつも新型コロナへの保護を増強できると説明している。

FDAのワクチン・関連生物製剤諮問委員会(VRBPAC)は今週、モデルナとジョンソン・エンド・ジョンソンの各ワクチンの追加接種を検討する会合を開く。FDAは既にファイザー製ワクチンについて一部の成人を対象に追加接種の緊急使用許可(EUA)を認めている。

モデルナは追加接種の対象を65歳以上の人、18~64歳で新型コロナの重症化リスクの高い人、18~64歳で各人の環境や仕事でのコロナウイルスへの暴露から新型コロナの合併症や重症化のリスクがある人とし、2回目の接種から少なくとも6カ月経過後の接種を求めている。

モデルナやファイザーのワクチンは接種完了後数カ月後で抗体が減っていくことが示されているが、重症化や死亡に対しては強い防止効果を維持している。

続きを読む

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加