ミス・ティーン・ジャパンの11代目グランプリに輝いた中学2年生の14歳石川花(はんな)さんの美貌を見たネット民騒然

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

女性ファッション誌「CanCam」の専属モデル、トラウデン直美(22)らを輩出したコンテスト「ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が10日、東京都内で行われ、北海道出身の中学2年、石川花(はんな)さん(14)が11代目グランプリに輝いた。 7524人の頂点に立ち、特別賞「ディーアップ賞」とダブル受賞。

「まさか2つ賞を取れると思っていなかったのでうれしい」と感涙した。 最終審査では、憧れの存在にタレントやモデルとして活躍するローラ(31)を挙げ、「私の自慢は長いまつ毛と白い肌。夢は雑誌の表紙を飾れるモデルになり、バラエティー番組にも出たい」とアピール。英女優、ナオミ・スコット(28)が映画「アラジン」で披露した劇中歌「スピーチレス~心の声」を堂々と歌唱し、163センチ、B80W60H80のスレンダーボディーを見せつけた。

続きを読む

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加