家庭教師のトライが1000億円で英投資ファンドに買収される 「少子化で成長のイメージが湧かない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズが「家庭教師のトライ」を手掛けるトライグループ(東京)を1千億円程度で買収することが11日分かった。買収後は、新型コロナウイルス禍で需要が拡大したオンライン教育を充実させ、受講生を囲い込む。トライは非上場だが、CVCは買収後3~4年で上場させる意向とみられる。

トライは全国で家庭教師や個別指導塾を展開し、登録する家庭教師の数は20万人を超える。買収後は、オンラインによる個別指導やタブレット端末を使った人工知能(AI)による習熟度診断などを強化して、競争力を高める方針だ。

続きを読む

みんなの声

家庭教師事業の成果なんて生徒の合格実績しかない気がするが、これから安全パイばかり受けさせるように誘導したり、オプション漬けなんてことになってくるんじゃ?

非上場だから、株式を売却するのは創業者一族だろうなと思って調べたら、今の社長は元女優で創業者(現会長)の夫人である二谷友里恵なんだ。

派手にCM流しているが、本当に1000億円の価値なんてあるんだろうか。いらぬお世話ではありますけどね。

子供の数が減ってるのに、そんなに期待できる産業なんかなぁ。1人あたりの単価上げるのも限界ある気がするが⋯大人の学び直しとかは需要ありそうだけど、その分野はあんまり強くないよな。シェアアップくらいしか道が無さそうだが、イマイチ成長のイメージが湧かない

公文がKUMONになって世界で公文式が
取り入れられてるコマーシャルを見た。
家庭教師というのは海外では治安の関係で
難しいかもしれないがオンラインとかで
世界に広まる可能性はある。
投資目的でなく教育で世界進出も目指して
ほしい。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加