文部科学省海賊版サイト被害にその削除費を支援へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

漫画や映像作品などのインターネット上での海賊版被害が深刻化していることから、文化庁は来年度、対策を強化する。新たな相談窓口を設け、被害を受けた出版社などが削除要請などの手続きをする際に必要な費用を支援する制度を始める。コンテンツ産業育成を図る上で、健全に作品づくりができる環境維持が急務と判断した。

続きを読む

ネットでは

対策の考え方を間違ってると思う。
その削除費を得るのが目的で更に悪どい手口を働く新手口の犯罪が生まれますよ。

お金の出し方違うし、そもそもやってもモグラ叩きと同じで減らんだろ。
漫画村閉鎖されても結局、他ができて無くらなかっただろ。
多分永久に無くならないと思うがそれまで永久に支援するの?

正規の電子書籍ってもっとどうにかできないのかな。
漫画によって違うアプリで読まないといけなかったり、購入先によって値段違ったり。
あと将来的にアプリがなくなって買った漫画が読めなくなったりしないか不安。
そう言う煩雑さがなくなれば正規で購入する人も増えるんじゃないかな。

本来なら法律を強化して罰則を重くして、サイト運営側に誹謗中傷コメントや海賊版掲載などを規制と管理義務を果す事をしないで、その運営の仕方や管理を是正させないで被害者側に削除する為の費用負担すると言うのはおかしいでしょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加