眞子様とのニューヨーク生活間近の小室圭さん、司法試験の合否で年収2500万or年収600万の分かれ目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

秋篠宮家の長女眞子さま(29)との結婚に向けて、27日にも米国から帰国する小室圭さん(29)の就職先が25日、米国全土に5カ所の拠点を持つ大手法律事務所と判明した。小室さんはニューヨークオフィスに助手として既に籍を置く。

国際弁護士の清原博氏は「投資や金融などの企業法務を扱う弁護士が花形のニューヨークではこうした分野に強い人材を求める。小室さんは金融分野の法律を研究した論文がコンペで準優勝したこともアピールポイントになった」と語る。  

心配される収入は、12月までに判明する司法試験合否が分かれ道。地元では「合格して弁護士になれば同事務所では年収2500万円、不合格で助手のままでは年収600万円」とされる。清原氏は「600万円では物価が高いニューヨークで2人で暮らすのは厳しい」と話す。

続きを読む

みんなの声

もし助手で終わる見通しならば、さすがの眞子さまも渡米しないでしょう。試験合格や給与は保証されてるのでしょうね。これもまた秋篠宮皇嗣殿下のコネクション?

助手として勤務であれば、いずれは眞子内親王もNYで就職するのでしょうね。例えばNYにある日本ゆかりの施設とか、縁戚の後見するNYの職場で……

たしかに事務所の人たちの年収はそうなのかもだけど、この人がそんな稼ぐ人材になるとは思えない。だって、地道な努力は嫌いでしょ?

小室圭さんの事務所の経歴に実際書かれている「JFK Profile in Courage Award」は「17年にオバマ元大統領が受賞した凄い賞」。これも受賞者記録に名前がない。

まだ合格もしてないのに最高年収もらえる前提で生活費の推算してるメディアってほんと滑稽だよね

なんだ、まだ弁護士じゃないやん。パラリーガルで採用されただけやん。せめて司法試験合格してからドヤ顔しなよ。

何があっても月と太陽仲良くやって行くのでしょう。一か八かでここまで自己を貫いた気持ちは強いと見る。ただ最後はどっちに転ぶか分からないけど。

逆にいうと、4年前は年収600万で皇族を養おうと考えていたんだなあ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加