日本郵便さん、はがきや手紙の翌日配達と土曜配達を廃止する「郵政民営化で悪くなった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

日本郵便は24日、はがきや手紙などの翌日配達を来年1月以降に段階的に廃止して配達日数を延ばすことで、年間で人件費などの経費を50億円程度削減できると発表した。翌日配達に対応する深夜の仕分け作業がなくなるため、深夜手当が減ることが主な要因。

現在1日当たり約8700人の深夜業務従事者は、約3千人まで減らせるという。

日本郵便は一部地域を除き、来年1月下旬から2月下旬にかけて配達日数を延ばす。土曜配達については10月2日から廃止する。(共同)

続きを読む

みんなの声

24時間受け取り窓口がなくなっていくこともこれも同じなんだけど。 社会にとっての本質は「コスト削減」ではなく「サービスダウン」と「雇用減少」なのよ。 社会インフラを民営化などしてはいけないとよく分かる。

配達が大変になって残業代が増えまくるんだろうな…夜勤者より配達員の数のほうが圧倒的多いいからなぁ…

ゆうちょ銀行の手数料もそうだけど、郵政民営化で悪くなったことしかない。小泉( ๑º言º)

世界的に郵便事情ってどーなんだろ? スピード社会なのに、翌日配達までもがなくなるなんて。。 これは宅急便業界にメール便復活してほしいね。

考え方がおかしい。サービスの充実をはかる事で収益があがるもの。 赤字でも税金投入されるから関係ないのか。

郵便なんて週に1回の配達で十分ですよ!メールがスタンダードな時代には当然。

郵政民営化でサービス良くなるって言った政治家の先生これ見てどう思うよ? 職員は給料下がるわサービスも悪くなるわで何も良いこと無かったね。

翌日配達廃止っていっても 所謂普通郵便だけで 速達、書留郵便、ゆうパケット、ゆうパック、日付指定郵便は配達するんだよな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加