J&J製のコロナワクチンの有効性が2ヶ月後で94%の結果に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

米製薬ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は21日、同社が開発した1回接種型の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)に関する米国内の試験で、初回接種から約2カ月後に接種すると、中等症および重症化への予防効果が94%に高まることが分かったと発表した。

続きを読む

ネットでは

テレビにでて喋る医者が研究費を研究費だの謝礼だのを
ワクチンの製薬会社から貰っていたら一気に信用度は下がる。
メディアも喋ってる人の下に一覧でそれを出せよ。
判断する非常に重要な材料だ。

ワクチンの製薬会社の評価じゃなくて、
いい加減、製薬会社と利害関係のまったくない、第三者機関で、評価するようにしなきゃいけないでしょ?
製薬会社は、自分たちのワクチン売りたいわけだから、自分たちの不都合なデータなんか出してくるわけないよね?
ワクチンの製薬会社の言ってることをそのまま鵜呑みにするのは危険だよ。

「1回(2回)で効果でます。」が、いつの間にか「2回(3回)打てば・・」に。
年明けには、「3回(4回)打ちましょう」に?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加