Twitterさん、手数料がかからずに投げ銭ができるチップ(Tips)という新しい機能を開始する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

Twitterは9月24日、投げ銭機能のチップ(Tips)を18歳以上のすべてのユーザーが利用できるようになったと発表しました。まずはiOS向けアプリから提供し、数週間をかけてAndroidでも利用可能にするとのことです。

チップは、5月から一部でテストされていた「Tip Jar」の名称を変更したもの。ユーザーがプロフィール画面で設定した決済サービスを通じて、送金できる仕組みです。利用できる決済サービスは、Bandcamp、CashApp、Chipperなど9サービス。米国とエルサルバドルでは、これに加えてStrikeを利用したビットコインの送金にも対応します。

米国とエルサルバドル以外でも、チップ機能を有効にするとビットコインアドレスを追加できるようになるとのこと。このアドレスを利用し、任意のウォレットサービスからビットコインの送金も行えます。

なお、Twitterは「お気に入りのアカウントにささやかなお礼をしたい、面白おかしいツイートで笑わせてくれる新進気鋭のコメディクリエーターへの愛を示したい、困難な状況にある中小企業の経営者を支援したい、意義のある活動に寄付したい、といった目的にチップ機能を役立ててください」としており、チップ機能に関して手数料は取らないとのことです。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加