1回目のワクチンを接種した20代は、47%と発表される→河野太郎さん、「順調に若い世代の接種が進んでいる」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

河野太郎規制改革相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの年代別の接種率を初めて公表した。1回目の接種率は20代が47%、30代が52%とおよそ半数だった。河野氏は「順調に若い世代の接種が進んでいる」と語った。

22日時点の各年代の接種率を公表した。1回目の接種率が最も高いのは80代で93%に達した。40代は62%、50代は75%、12~19歳は37%となった。

2回目の接種を終えた人の割合は20代は30%、30代は32%にとどまった。ワクチン接種記録システム(VRS)の入力が遅れる例があり、実際の接種率はさらに高いとみられる。

政府は希望する全ての人が10~11月に2回目の接種を終えることを目標に掲げる。

続きを読む

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加