北朝鮮「終戦宣言はまた時期尚早」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

北朝鮮が最近、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会で提案した終戦宣言の推進に対して「時期尚早」と評価した。北朝鮮外務省のイ・テソン副相は24日、朝鮮中央通信を通じて出した談話で「諸般の事実はまだ終戦を宣言する時ではないということを立証している」とし「われわれを取り巻く政治的環境が変わらず、米国の敵対視政策が変わらない限り、終戦を数百回宣言しても何一つ変わらない」と強調した。イ副相は「終戦宣言が現時点で朝鮮半島情勢の安定に全く役に立たず、米国の敵対視政策を隠すための煙幕として間違って利用されかねない」と主張した。

続きを読む

ネットでは

南が勝手に終戦を決めることはできないということ。大統領自身が5年やっても未だそのことすら認識できていない有様では、未来永劫休戦状態は続く。。。

初めて北朝鮮のいう事に納得性を感じた。交戦状態なのに、卑屈に北朝鮮にへつらってもこの結果だ。本当に北朝鮮人民のことを考えれば、別の方策になるはずだ。

南はまるで北朝鮮を代弁していたかのような終戦宣言発言だったが、とうの北朝鮮にその気がない事が判明。終戦宣言が全ての始まりと言う南より、実務優先を希望する北の方がまともに映る。

明らかに敵でしょ?
偽札、ハッカー、核、拉致、ミサイルなど等。
自由主義連盟から見たら味方にはなり得ない。

退任前に実績を残したいんだろうけど、相手の事も考えずに自己中心的な発言だけで話が進む訳もない。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加